タグ:手作り ( 7 ) タグの人気記事

すっかり秋

 あの夏は影をひそめ、なんだか何か月も前のよう~
冷房をつけましょう~とニュースや天気予報で呼びかけは、節電どころではない災害級だったと今更ながら思う。
豪雨や台風が毎週のように上陸し、北海道では大きな地震。 
一日も早く、日常の生活が出来るよう願わずにはいられない。

 大いなる自然は小さな庭にも変化をおこたらない。

ダンボールコンポストを仕込んだ所から出てきた、ピーマンの仲間にようやく花が咲いた。
a0313956_14140280.jpg

a0313956_14161098.jpgピーマン?シシトウ?シシトウは丸ごと食べるから、取ったピーマンの種が堆肥になる前に発芽したようだ。


旺盛にすっかり我が物顔で育ったアメリカイヌホウヅキ。
果実の光沢と形の違いがイヌホウヅキとのわかりやすい判別法。対象物がないと難しいけど、少し縦長で光沢あまりなくて花序に4~8個つけるのがイヌホウヅキ。花も白ばかりで花びらも基部まで切れ込んでいないように見える。
a0313956_14270056.jpg


      イヌホウズキ   ・・・っぽい
どっちでもいい事だけど、何者かわかりたいし、在来種だと外来種がはびこる中、なんか安心する。

秋はやっぱりグラス類。
a0313956_16545810.jpg

隣の駐車場にはびこるカゼクサとエノコログサ。カゼクサをちょっと植えちゃった。
a0313956_16583678.jpg

隣とうちはまるで植生が違う。砂利の荒れ地に育つ強いものばかり。カゼクサはこぼれ種でもうちにはやってこない。ちょっと強引に仲間入り。

家のインテリアもちょっとだけ秋冬っぽく。テーブルランナーでイメージチェンジ。
a0313956_17060144.jpg

グレージュというこの色。グッとシックになりました。グレー系統は子どもの頃から、母親に何にでも合う色と言われ、慣れ親しんできた色。
このテーブルランナーは、カルトナージュやブリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーのお教室を開いている、仲良しのみくさんのこだわりのデザイン。大人のファブリック リベリュールLibelluleとしてエプロンやクッションなど、使い勝手やデザイン、素材にこだわって、ひとつひとつ丁寧に作られています。
a0313956_17214233.jpg

特にこのフリルがお気に入り。みくさんがダーツの量や幅に苦心したこだわりのフリルなのです。あんまりフリフリは苦手だし、でも、ちょっとアクセントがあればと思う、程よい加減。みくさんに言葉が見つからず思わず「このフリルが好き」と言ってしまった( *´艸`)。

a0313956_17312604.jpgただ、このサイドボードにはいろいろ並べ過ぎなの。もうすこし、スッキリさせないと~。

[PR]
by toraneko-nyao | 2018-09-19 17:49 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

台風13号接近で

 今までとは打って変わっての涼しさ。涼しすぎて窓を閉めて過ごしていても、ん?エアコンつけてた?と錯覚するぐらい。
 あんな30度越えの日々でも、咲くべき時に咲こうとしているコ達。
ノリウツギ ミナヅキ
a0313956_18064494.jpg

 うちに来てから、ずっとポットのままで、毎年、新芽が出るまで生きてるかな~とハラハラしながらそんな育て方で、だんだん花も咲かなくなった。ようやく、昨年、定植して1輪咲くように。
 6年前に行った「星の王子様ミュージアム」で咲いていた、秋に色づくこの姿にあこがれて。いつかこんな風になったらな。
a0313956_18164211.jpg

 同じように、庭作りを始めたばかりに来た、このハニーサックルもずっと定植場所が決まらず、ポットのままの過酷な環境に耐え、春ここに定植したら、蕾が。
a0313956_18225495.jpg

 種から育ったワスレナグサ ムッツ。春、咲かずに、でも、こんな暑くても枯れないで、涼しくなる秋まで耐えるつもりなのかと、水やりしてたらとうとうこちらも蕾。
a0313956_18264083.jpg

 掟破りの私のやり方にほとほとあきれながらも、付き合ってくれてるのかな~
 
 ダンボールコンポストを入れ込んだところからは、ピーマンらしきコが成長中。
a0313956_18331229.jpg

トマトやカボチャはよく発芽してくるけど、ピーマン系は初めて。
 勢力を維持しながらのノロノロ台風に備えて、再び、庭の飛びそうな物、か弱そうな植物達を家に避難させて、雨の合間に近所のカフェで夏向きのアクセサリー作りのワークショップに。友達のカワイナオコさんに教わって。聞き覚えのあるなつかしさがある名前なんだよね。あたりまえすぎて今更ながら改めて気づく。
a0313956_18382244.jpg

 夏、汗でまとわりつかないはめるだけの涼やかなネックレス。特ににこの夏はアクセサリーしたくないけど、これならしやすい。
もう一人、私は知らないカワイさんのお友達と思い込んで、ずっと一緒に作ってた。終わって、ランチしながらおしゃべりしてたら「ん? チヨさん?チヨさんだ!」と気づく有様。チヨさんは私の事わかってて、私もわかってると思ってずっと話してたそうで、そりゃそうです。一体、私って…やっぱり、「ボーっといきてんじゃん~」チちゃんもあきれてる(笑)。
[PR]
by toraneko-nyao | 2018-08-07 18:55 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

羊毛フェルトの多肉

 予想外の台風12号、とにかく今までの台風とは違って、いつもとは逆コースのよう。庭の飛びそうなあらゆるものを家に避難させた割にはそれ程でもなく去っていった。
 また、暑さが戻ってきた中、農園の「夏の特別講座」で今度はガーデニングというよりクラフト系、羊毛フェルトで多肉植物を作る講座へ。先生は、私のバラの師匠でもあるなみちゃん。
ふわふわの羊毛をニードルでツンツンしながら、多肉の葉を1枚1枚作っていきます。
どうも、立体造形は苦手な私。さらに、前回の多肉のトピアリーの時のように不器用さが露呈して、サクサク作っている皆を横目に必死で、写真も撮るどころではなかった~~~(;^_^A
 これが先生のサンプル作品。大きく見えるけれど、どれも手のひらに乗るサイズ。
a0313956_17361667.jpg

奥のワイングラス型、ちょっと見えにくいけれど、ペパーミント色はエケベリアのようで、隣の白っぽいのは月兎耳みたいで、手前のブルーはシルバーブルーのぷっくりしたセダムのようで、ひとつひとつ特徴をとらえて、それをツンツンしながら形にしていくのは、ボーっとただ、ツンツンしてたら全く違うものになっちゃう。チコちゃんに「ボーっといきてんじゃね~よ!」って言われないように(笑)、集中して作っていかないと!
 今回はエケベリアとぷくぷくセダムを作って、月兎耳とグリーンネックレスは先生が人数分作り置きしてくれていたのを頂いて完成させました。
 最後に残っていた作品。
a0313956_17521211.jpg


a0313956_17551571.jpg

エケベリアは枚数が足らなくて、周りの葉が取れちゃったエケベリアみたい。
昨年、ベルギーイギリスのガーデンツアーで拾ってきた貝殻をプラスして夏らしくしてみた。

a0313956_17583997.jpg

少しは涼しい演出も、この夏は効果的⁉
[PR]
by toraneko-nyao | 2018-08-06 18:13 | 手作り | Trackback | Comments(0)

夏の特別講座

 久しぶりに農園の講座へ。夏の間は農園のハウスは暑さで休園。
「夏の特別講座」は涼しい事務所で受けられるいろんなカリキュラムが目白押し。
その一つ、多肉のトピアリーを作ってきました。

a0313956_18031830.jpg

どうやって作るのか、オアシスを使うのかな?とか、とても興味深かった。
まず、水苔で芯を作って
a0313956_18072178.jpg

ネルソルをネットでくるんで土台を作ります。
a0313956_18091581.jpg

ここに多肉のカット苗を差していきます。まぁるく作るには結構コツがあって、作っていくうちに、崩れてしまって、結局、時間内に完成できず、家で作り直し。
二度目はコツや工夫もわかって、無事、完成。足元にルクールさん手作りのワイヤークラフトでアクセント。
a0313956_18141087.jpg

久しぶりのガーデニング講座、リフレッシュ半分、自分の不器用さにあきれる半分でした~
次は、フェルトで作る多肉の講座で今度はチクチクしてきます。
[PR]
by toraneko-nyao | 2018-07-18 18:21 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

まだ、夏休みじゃない!

 一昨日の木曜は、思いがけず、ここは夕方からお湿りがあり、しっかり降ってホッと一息。東京は降らなかったみたいで、でも、こっち方面も局所的で降らないところもあったようです。
こんな、ささやかな雨なら、こんなのんびりした事言ってられますが、西日本の豪雨は、あまりにも尋常ではなく被害の大きさに、1日も早い日常を取り戻せるよう願うばかりです。

 先週、毎年恒例、虫除けスプレーを作りにルクールさんのアロマ講座に参加しました。その日のカリキュラムはヘアスプレーとヘアワックスで、髪にいいアロマを自分で選んで作りました。
参加者三者三様、皆、自分に合った世界に一つだけの香りが完成。

a0313956_11381536.jpg

そして、私だけ、夏の必需品、虫除けスプレーをいつもの最強のアロマで2本分、作成。これで、夏の庭作業に顔にもビシバシ、シュッシュ出来ます。
その小さな庭では、薄紫がっかたツユクサが満開

a0313956_11450778.jpg

 青いツユクサと交雑して、なんだか青みがかってきたカンジ。青いのは、どんどん淘汰して、この庭は薄紫だらけにしたい。
 3年ぐらい前に作った寄せ植え、植えっぱなしのダブルタッカー植えのグラジオラスが今年初めて開花。
写真撮ろうとしたら、折れちゃった135.png

a0313956_11504481.jpg


a0313956_11514537.jpg


 少しでも涼しくしようと、加わったアイテムがこれ、
a0313956_12011076.jpg

地元のボランティアグループ、青い鳥さんで作っている布ぞうり。中古の衣類やタオルで作っています。
スリッパよりも指先が涼しいし、指の間の鼻緒がいい刺激。
このグループは中古の着物や帯でもリメイクした洋服や小物を作って、収益を寄付しています。
素敵なデザインが多くて、自分で洋裁できるのって、DIYできるのと同じくらいあこがれます。

梅雨も明けちゃって、高温注意報が出て、でも、まだ、夏休みじゃないんだよ! 毎朝、近所の小学生が集団登校で、いつも通りに時間に集まって、当たり前のことだけど、この暑さの中授業受けて、感心してしまう。
少しでも涼しくなるよう暑さ対策してるんだろうな~

 

[PR]
by toraneko-nyao | 2018-07-14 12:14 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

梅雨明けしたなんて!

 「梅雨明けしたのよ~」
ルクールさんのカラーワイヤークラフト教室で、先生の一言で知ったワタシ。
エッ~~~!!!!!
まだ6月だよ。伸びたヤマホロシといいカンジに伸びて花1輪咲いていたブータンルリマツリを植え替えた。サッサとしないから、水が下がって復活しなくて、切り戻し。そんな状態で夏を迎えるとは💦 
 そんな会話の中で、作ったのはガーデンフェンス。初回は満席で出来なかった所をお願いして追加教室を開いてもらいました。
顔見知りのブリザのフラワーアレンジのタカコ先生と2人でほぼ個人レッスン。
a0313956_11073797.jpg

植物が映える色で、庭のパーゴラと同じ色にしました。
a0313956_11033508.jpg

これはタカコ先生が作った足無しのタイプ。
a0313956_11141308.jpg

バックのアレンジは、前日のフレッシュハーブのリース。ミントの香りが漂っているそう…どうも、私は鼻が利かなくてわからずじまい141.png
 私の好きなはしごのシェルフと、台車の寄せ植えがある、ルクールさんの庭の入り口。
a0313956_11210381.jpg

 夏を迎えて植物はモリモリ。
a0313956_11232375.jpg

暑さに植物達もじっと耐える夏。今日から、雨になるみたい。梅雨戻り大歓迎。この機を逃さずに庭、少し植え替えしよう!


[PR]
by toraneko-nyao | 2018-07-04 11:28 | 手作り | Trackback | Comments(0)

ワイヤークラフト

 ずっとやってみたかったワイヤークラフト
こんな本も買って、ワイヤーも買って、10年ぐらいたっちゃった。
a0313956_17222480.jpg

 トールペイントを始めた頃で、絵具をとりあえずの空き缶に入れてて、
ちょうど良い大きさのを作ろう!と材料買ったら満足しちゃって、
ワイヤーはハンギングコンテストの展示や他の事に使ってしまい・・・
時は流れ~
 おなじみのカフェ、ル・クールさんでワークショップがあって、
ついに念願を叶えました。
a0313956_17350331.jpg

右から2番目 ミントグリーン色が私。
巻き止め、フック止めはちょっとしたコツがあって、本ではわからなかったかも。
フック止めはちょっと苦手…
 2作品め。これは巻き止めだけで出来るから苦労しなかった。
 
a0313956_17463799.jpg

先生が作られたルクールさんのカーテンレール
a0313956_17501125.jpg

先生の地元であった作品展
a0313956_17532706.jpg

a0313956_17545329.jpg白壁に、まるでそこに描いたようなワイヤーアート


いろんなヒントをもらって、作ってみたのがこれ。
a0313956_18054920.jpg

 パシフィコ横浜で開催されたフラワー&ガーデンショウ。
ハンギングバスケットコンテストの背景
 
a0313956_18292175.jpg

 ハンギングは今までの中でもいい感じに出来て、愛着もあって、
もう一個作るのもやめて、これで行こう!と決めたものの、
花が咲き進んで、コンテスト当日は咲いている花が少なかった(◞‸◟)
背景は思う通りに出来たけど、いつも、何かが足りなかったり、抜けてたり・・・
でも、私は今までの中では好きな作品になりました。
[PR]
by toraneko-nyao | 2018-04-23 18:26 | 手作り | Trackback | Comments(0)