私のお気に入り

 雨、よく降りました。草花も生きいきと、変化していきます。
自己流ロックガーデンは次々と花が咲いてきました。
a0313956_11122635.jpg

ミヤコワスレの淡い紫、シラー シビリカ アルバの白、その前に、写真だとわかりにくい、数輪のピンクのチオノドクサ、奥は、プルモナリア オパールの淡い水色。 
自分の好きな色を植えていたら、こんな淡々な色の組み合わせになりました。
写真では、ぼんやりしているけれど、実際もそんなはっきりしてないか~
でも、ここは私のお気に入り。
ミヤコワスレがいつになく花上がりが良く、上手い具合に他の花たちも咲き出して、例年にないコラボで、うふふとほくそ笑んでます。
a0313956_1123283.jpg


a0313956_11482880.jpg
ピンクの覆輪のマーガレットは近所のスーパーで特価価格で思わず買ったもの。そこに、昨年のハンギングを解体した、黄色のマーガレットとブットレア シルバーアニバーサリーが咲いて、ここもちょっと、いいな♪の場所。


a0313956_114937100.jpg
これは、一昨年のハンギングを解体したマーガレットがのびのびで、その間に解体したカラーリーフをテキトーに植えていったら、こんな自然なカンジ!?で、妙に気にいてます~


小さな庭でも、小さな自然が息づいています。
a0313956_11565082.jpg
 オッタチカタバミ
 カタバミより、花も大きく、立ったよう咲くのでこの名前がついたようです。
花期もカタバミより長く秋までみかけます。


a0313956_1231444.jpg
カタバミのほうが幅を利かせています。
 小さな庭でも、2種類のカタバミがみられると、そこいらじゅうにはびこるいわゆる雑草にも愛着がわきます。
 ここはダンナのスペースなので私はノータッチ。ダンナもワザと残したようです。


a0313956_1210718.jpg
 これはおなじみ、ナガミノヒナゲシ
 強力な外国からのお客様、帰化植物。
 今は、いたるところでみかけます。


a0313956_12123926.jpg
こちらは、先住民のシラーカンパニュラ
 家を建てる時、ここは古家があって、羽衣ジャスミンが垣根のように茂り、立派な槙もあって、とってももったいなかったけど、処分したんです。きっと、お庭をしていた方だったんですね。その時の名残で、毎年、ここに、一輪だけ咲きます。
 石もたくさん残っていて、そこから選んでロックガーデンを作りました。


a0313956_12312475.jpg
a0313956_12321822.jpg
こっそりさんですが、なんで野菜が?と、良く考えたら、スプラウト用のブロッコリーの種を古くて発芽しなかったから、この辺に捨ててました。ブロッコリー、出来るかな~


a0313956_12353740.jpg
またまた、ハンギングの解体苗、セトクレアセア 紫御殿。
冬に寒さでとけて、枯れたかと思ったら芽が出てました。思いがけなくて、嬉しいですね。


a0313956_12442043.jpg
 ご近所の園芸好きな方が、鉢で育てていたものを頂きました。
 野の花、ツタバウンラン。 庭にあったものを、かわいいから別に鉢上げしたそうです。
 いわゆる雑草で、駐車場にあった(草取りされてなくなっちゃった(;O;)~)マツバウンランと同じゴマノハグサ科。かわいいですね~と話したら下さいました~


 明日から夏日だそうです。
 草花たちも、次々と咲き出しそう!
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-05-01 13:13 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

新緑の季節へ

 桜もすっかり散って、桜まつりでにぎわった通りはすっかり若葉へ様変わりです。
いつもは、終わっちゃう~と落ち着かないまま、気がつくと散ってしまっていたけれど、
今年は十分楽しめた気がします。ブログをやるようになって初めての春、意識しながら過ごしていたのかな。

 庭にはこっそりさん
スイスチャードの陰にネモフィラ ベニーブラック。
昨年のハンギングで使ったのだけど、
どんなのを作ったのか思い出せない。
写真も撮ってないみたい。忘れたでしょ~とこぼれ種で出てきたかな。

a0313956_1883318.jpg

a0313956_1851825.jpg
スイスチャードはハンギングで使って、あの2回の雪にも耐えてこんなに成長。
バリバリでおいしそうでないけどね。食べるなら中のほうの柔らかそうなのを。

 つるバラ レディヒリンドン 蕾を持ちました。 葉の芽だしや茎が赤みを帯びてて、ちょうどこのパーゴラにマッチしてます。
a0313956_18205574.jpg

a0313956_18382435.jpg
 カナディアン オダマキが一輪、花が咲きました。
卒業した学校のロックガーデンにはこのオダマキが入っていて、私にとってロックガーデンには欠かせない花。
それなのに植えないままこの状態。今年はロックの住人にしてあげないと~

a0313956_18423943.jpg
 そのロックの住人の
ドイツスズランが今年初めて蕾をつけました。ワーイ、待ってたよ~
そのそばに出てきている芽はなんだろう? ロックのあちこちに出ています。


 自己流ロックガーデンは、次々と新芽が伸びたり、蕾をつけたり、にぎやかになってきました。
a0313956_1851141.jpg


お隣の駐車場はこんな可憐な野の花が。
マツバウンラン ゴマノハグサ科
葉が松葉のように細く、株元にあるので、紫の花がゆらゆらと目立っています。a0313956_18551812.jpg

 フェンスをへだてているだけなのに、うちにはやってきてくれません。野の花は自分に合った所に好きで出てきてるのですね。庭の方が居心地いいと人間が持ってきても、なかなか居ついてくれません。
「放っといてよ!私は好きでここにいるの!」と、言われているようです。


 昨年の寄せ植え講座の球根のダブルタッカー植え。チューリップが咲いたと聞いて、伺いました。
a0313956_19274611.jpg

カフェでの講座なので、植物は予めセットして選べないのですが、紫と黄色の取り合わせが好きと言って頂けました。

 春は生命が謳歌する季節、気分は上々だけど、体調を崩しやすい季節でもあるそうです。
昨年、帯状疱疹になったのもこの時期でした。
皆さん、根詰め過ぎず、気をつけて過ごしてくださいね!


 
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-04-19 19:32 | ガーデニング | Trackback | Comments(12)

桜が見頃

 うちの近所に桜並木があって、ちょうど見頃です。
a0313956_1815260.jpg

 昨日はこんなに青空でした。この時期、道路は桜渋滞。
スピードを落とすのか、車が行列です。
 
 今日と明日、桜まつりが開かれてます。
それなのに、昨日と打って変わっての花冷え。
私は、生ごみ減量化で、市役所の資源循環推進課のテントで
ダンボールコンポストの作り方で参加してます。

 ここは我が家から走って10秒ぐらいのもう一つの通り。
このベビーピンクの椿と桜の取り合わせ、いいなぁ~と思って。
ピンクにどうしても惹かれる私。
身に着けるには似合わないと思っているから憧れかな~
でも、この風景、今年気づいたんです。いつも、上ばかり見てたから!?
a0313956_18265770.jpg
 
 
 
 


 街路樹の足元に、こんなすみれが所々に。何すみれかな?
まさにすみれ色。うちの庭にも咲かないかな。
取ってきたいけど、ここは人通りのある歩道だし・・・
a0313956_18331884.jpg

 すみれも種類がいろいろあるから、集めてみると面白いかも~

 自転車こぎながら、ついつい花を探してしまいます。危ない危ない!
 
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-04-05 18:52 | 自然 | Trackback | Comments(0)

 変わりやすい春の空、今日は冷たい雨ですが、一昨日、ぽっかぽっかの春の日に、ずっと行きそびれていた城山かたくりの里に行ってきました。
個人所有の山ですが、カタクリの時期だけ一般公開しています。近いのに、気づくと終わっていて行きそびれていました。

a0313956_14311250.jpg
まず、出迎えてくれたのが
ダンコウバイ

a0313956_14445542.jpg
コイワウチワ
この薄ピンクと
花のフォルム、かわいい~

a0313956_14512041.jpg
ショジョウバカマ
 

a0313956_14543223.jpg
オオバキスミレ

そして、次に広がったのはこの群落!
a0313956_14572661.jpg
 
わぁ~ かたくりの里だぁ~

 
a0313956_158454.jpg
その中に白い子、発見!

a0313956_1516240.jpg 
ヒカゲツヅジ
この類のツヅジはちょっと敬遠しがち(つりがね咲きならいいのだけど・・・)
このクリーム色ならいいなぁ~


ユキワリソウも負けてませんよ~
a0313956_15272673.jpg

a0313956_15302376.jpg
こんな子もいましたよ。

a0313956_15405019.jpg
キクザキイチゲ

a0313956_15505446.jpg
 コシノコバイモソウ
カタクリ以外にもこんないろんな子達に会えると、カタクリの群生はあたりまえみたいになってきて、新顔さんを探してました~

a0313956_1557756.jpg
オオイワウチワ
いいなぁ~ ツボです。

a0313956_1655425.jpg
ふたごの白い子に会えましたよ。

a0313956_16121833.jpg
エンレイソウ

a0313956_16125977.jpg
タツタソウ

a0313956_16233627.jpg
シュンランも花盛り

a0313956_16255998.jpg
キバナセツブンソウはもう終わりの頃


花木も花盛り
a0313956_16291981.jpg
プクプク咲いてるモモの花 品種は何かな。

a0313956_1632082.jpg
ヒュウガミズキと大好きなオオイヌノフグリのコラボ・・・なんだけど、うまく撮れてない。
実物はもっと、ブルーと黄色のコントラストが良かったのに~
カメラが欲しい(カメラのせいか・・・!?)

a0313956_1637630.jpg
かんざしのようなキブシ

a0313956_16452468.jpg
マメザクラ

a0313956_16592395.jpg
白花フジザクラと札がついてたけど、珍しい!?

a0313956_1714767.jpg
ヒガンザクラ

a0313956_1753595.jpg
コヒガンザクラ
ここでいろんな種類の桜が見られるとは!


 カタクリだけが群生しているだけと思っていてので、こんなにいろいろ見れて嬉しい誤算でした。
ここから高尾山口へのハイキングするのに少々、時間オーバー。
ハイキングコースの入り口に迷って、タイムロスもあり、歩くのに必死。
花も少なくて、ムラサキマムシグサに似ているのがやたらと咲いてました。調べたらミミガタテンナンショウというらしい。白花の一重のヤマブキみたいな花もそこここに咲いていて、これも調べるとカジイチゴというのかもしれません。両方ともそうとは知らず写真、撮らなかった~(^_^;)
唯一、撮ったのがこの二つ
a0313956_17433836.jpg
ウグイスカズラ

a0313956_17463382.jpg
これはおなじみタチツボスミレかな~
この辺りは良く探せば、いろいろなスミレが自生しているみたいだけど、歩くだけで精一杯。

階段や起伏も多くて、ようやく中間地点がここ金比羅宮からの眺め
a0313956_18201563.jpg

しばらく歩いて城山湖 人造湖。
桜が一部分だけ植えられてて、端まで植えて欲しかったなぁ~
a0313956_18242290.jpg

ここで、お昼休憩して、相模原市と八王子市と町田市の境界線上にある草戸山という町田市では最高峰になる364mの山を超えて行きます。364mと言ってもあなどるなかれ。アップダウンの多い山道でしたよ~
この間の雪のせいか、木々も根こそぎ倒れているのも多く、その下をくぐる時はちょっとハラハラ。だって、何かの拍子に倒れそうだもの(ー_ー)!!

 10年ぶりの山歩き。まさに命の洗濯。身も心もスッキリ!
久々にこの感覚味わいました。
やっぱり、山はいいなー

 そんなんで、ついつい長くなりました。
お付き合いくださってありがとうございました♪
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-04-03 18:52 | 自然 | Trackback | Comments(2)

スプリングエフェメラル

 自然観察員の活動で花ごよみ調査に参加しました。
冬の植物はすっかり枯れて、春の芽だしのこの時期、花がさいているものは少なく、確認できたのは18種類。
その中から、
a0313956_23412615.jpg
 ミチタネツケバナ
まだまだ、縮こまって咲いています。
伸びると30cmぐらいになります。
庭にも出てきてました。これくらいなら花の少ないこの時期はそのまま仲間入り。


a0313956_23492965.jpg
 オオイヌノフグリ

ぽつぽつと咲いていて、あたり一面に咲くオオイヌノフグリらしくないですね。 
この花が大好きで、庭一面オオイヌノフグリにしたいぐらいですが、来てくれません~


a0313956_23575156.jpg

 オランダミミナグサのつぼみ
ハコベに似た花が咲きます。
葉の感じがペチュニアに似ていて、つぼみがない状態で庭で見つけると、一瞬ペチュニア生えてきた!?と思っちゃいます。

a0313956_2502127.jpg
 ナガミノヒナゲシ(下の円)とフウロソウの新芽
ナガミノヒナゲシは道端でよく見かけるオレンジ色のヒナゲシの花。
春の準備はあちらこちらで進んでいます。



 
 

 
 

 この2日後、植物観察会で、相模原北公園に行ってきました。
ここは、市の花であるアジサイの品種が数多く集められています。
今回は雑木林の野草園を中心に早春の植物の様子を見て回りました。

 
 ドングリの発根。こんな風に根づくんですね~
a0313956_1153813.jpg



 a0313956_211093.jpg

シュンラン








 
 

 ミスミソウ
a0313956_215032.jpg


  落葉樹林の林床に春の光が注ぐわずか2~3ヶ月に芽を出し、花を咲かせ、実を結び、やがて地上部は消える多年草をスプリングエフェメラル~春の妖精と言うそうです。
 
 
 そのうちのひとつキクザキイチゲ
a0313956_1264513.jpg
 

 カタクリ
a0313956_1275793.jpg


 他に、ニリンソウ、ムラサキケマン、セツブンソウなどもそうなのですが、まだ咲いていませんでした。
妖精たちはのんびりしているようです。

 樹木は名残の木の実が残っていたり、新芽が春の準備を進めていました。
a0313956_1353094.jpg

アメリカスズカケノキ










a0313956_1363514.jpg



モミジバフウの実
木の実は拾わずにはいられません(^_^;)
集めたいろんな木の実でリースでもつくりましょうか

 


 ツルグミ
つる性でも、巻きついたり気根で付着したりせず、他のものに寄りかかりながら、下に伸びたりして成長していくそうです。寄りかかるものがないと、いつまでも探しているように伸びていくそうです。
どこか、人間くさくて、一番印象深かったです。
 

a0313956_1455718.jpg
 

 今日会えなかった妖精たちに、また、会いに行きたいな~

 
  
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-03-19 23:32 | 自然 | Trackback | Comments(0)

またもや、大雪・・・

 先週よりも積もりました。
a0313956_1544318.jpg

 週明け、息子が風邪で熱を出し、かいがいしく(!?)看病した結果、私も主人ももらってしまい、昨日もこもっていたらメラレウカが雪の重みで倒れかかってしまいました(T_T)

a0313956_15505228.jpg
  前回は時々、雪をはらっていたせいか、こんなふうに耐えていましたが、今回はそのままだったのが良くなかった・・・
 





 

 このメラレウカ、台風の時期には強風にあおられ、同じような憂き目にあい、せっかく根付いたかと思ったらこの大雪。それこそ、風雪に耐えているせいか、命の危機を感じて、花はよく咲かせます。
この雪をどうにかしてなんとかしてあげたい・・・<(`^´)>

 お隣の駐車場も車が埋もれています。
a0313956_14511165.jpg


 近所の建築会社の社長さんが重機(ショベルローダーというらしい)を出してくれて、前の道路を除雪してくださいました。
a0313956_15214191.jpg

 これから、気温があがるらしいから、そしたら、庭の雪かきして、プロパンガスの交換の道を確保しないと!
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-02-15 15:45 | 自然 | Trackback | Comments(2)

 だんだんと、雪が解けていきます。ホント、だんだんと。朝、見るたびに、風景が変わっていきます。

 普段、滅多に来ない鳥たちが、雪の為か、えさを探しに庭に度々やってくるので、ミカンと飼ってる鳥のえさを置いておきました。

 最初のお客様は、メジロ? 鳥はよくわからないなぁ~
a0313956_14234045.jpg


しばらくするとスズメが千客万来
a0313956_14263372.jpg

  窓ごしにそぉーと撮ってもスズメは気配を感じるとすぐ逃げるのに、メジロ?はのんびりミカンから離れません。
 
 我が家のコザクラインコのSAKURAはたくさんの仲間をじっとながめながら昼寝してました。えさの苦労をしらないけど、広い空も知らない、のんきな子です。
a0313956_14335712.jpg


 雪の事で後回しになっていた、テーブルフェスティバルの話題。
一番興味深かったのが、チャイナペインティングの展示。
a0313956_14491660.jpg

白磁に直接、絵柄を描いていくのですが、今、人気のポーセラーツとは違うそうで、全て、手描きです。
a0313956_14471360.jpg
 トールペイントと同じようにかけそうで、ぐっと親しみを感じて、係りの方とずっと話してしまいました。







 トールペイントは、白木のように滑らない上に描くから筆の使い方の描き方があるけれど(へぇ~、そういう事だったんだ!)
白磁は表面がつるつるしている上に描くので、普通に絵を描くように描いて、人それぞれの描き方だそうです。

a0313956_156594.jpg
描きながら焼付けていきます。
絵の具の色も、焼付け温度によって発色が変わり、同じ温度で焼き付けていい色から描いたり、色を重ねるときは一番下になる色から描くなど、とても計画性が必要です。
トールと違って、焼き付ける前だったら時間が経っても簡単に消せるそうです。



a0313956_15162752.jpg

やってみたい願望がむくむく。
でも、我慢。 1日24時間は変わらないのだから、やりたいことばかりしていると、やらなくてはいけないことが山積みになるばかりですから(家の片付けとかね)。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-02-11 17:13 | 自然 | Trackback | Comments(2)

我が家の積雪、50CM

 皆さん、足元悪い中、通勤、通学は大丈夫でしたか~

土曜日の大雪は、車や人の往来が少なくて、解ける間もなく思いっきり積もりました。
a0313956_15113664.jpg

朝はまだこんなでも、積もってきた~なんて、今から思えばまだ序の口でした。







 午後になると、こんなに積もって、大変だぁ~と玄関開けたら、ググッと重たい。
a0313956_15144759.jpg
 これは雪かきしなければ、玄関開かなくなる。ダンナの怒った顔が思い浮かび・・・両親が雪国育ちの主人は、雪かきは積もる前にする人で、運悪く(良く!?)ミャンマーへ日本脱出して、
不在(;一_一)


a0313956_15233140.jpg

玄関の戸も吹き付けられ、3時間もすれば、元のように積もってしまい、3回めが終わったときは夜の9時でした。雪はまだ軽く、おもしろいようにかけるのでちょっとした達成感。そのかわり、腰が怪しい・・・

a0313956_15322694.jpg
 その甲斐あって、翌朝は一本道は確保










a0313956_15352742.jpg

 お隣の駐車場は、ほとんど通勤用に利用されているので車が少なく、あたり一面の雪景色になってしまいました。
今日は、想定してか数台しか止まっていません。




a0313956_15591332.jpg
 庭は雪に埋もれてしまった~ プロパンガスの交換の通り道を確保して、植物は雪の下。
テレビでは、1週間は雪は残ると言ってたけど、大丈夫かな~ 植物達。



 雪国ではこれが日常茶飯事だと思うと、毎年、主人の伯母が嘆く気持ちが、少しはわかった気がします。でも、この比ではないですね。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-02-10 15:04 | 自然 | Trackback | Comments(2)

花ごよみ調査と庭の様子

 先日、ご無沙汰していた花ごよみ調査にようやく参加できました。
こんな真冬でも、花や実がついている植物は20種類ほどありました。

その中からいくつか。

 季節はずれのイヌホウズキ。
 花期は8~10月で茎は30~60cmぐらいになって、花が咲きますが、この場所で育ちきらずに花を咲かせたようです。この日の温度は2℃。日当たりがいい場所なので咲いたのでしょうか~
a0313956_15305752.jpg

 オニタビラコ
 花がしぼんでますが、開くとブラキカムみたいなカンジ。
 どこでもみかけるけど、咲いた花がなんとなく好き。
a0313956_15531084.jpg

 ハハコグサ
a0313956_16115662.jpg

 ヘクソカズラの実
 もう色あせて、冬枯れですね。
a0313956_16201972.jpg

 ドウダンツツジの実
a0313956_1623359.jpg

セイヨウタンポポ
 こんな冬でも咲いて、ここのところ、一年中、咲いています。
 温暖化の影響が考えられます。
 花暦調査は、年間、植生を観察することで、環境の変化を知ることが出来ます。
a0313956_16282159.jpg

 まだまだ冬、真っ只中。タンポポも咲いてはいても、身を縮こませてます。

 我が家の庭も春を待ちわびている中、咲いているのは
 オキザリス・バーシーカラー
ねじねじの蕾が、キャンディーみたいです。うずまき模様のペロペロキャンディーを思い起こすからかな~
a0313956_16535233.jpg

 光が弱いと閉じてる蕾ですが、なぜかよく陽があたる午前中は咲かず、陽が陰る午後に咲いてます。

 クリスマスローズ、うちはまだまだこんな状態。
a0313956_177217.jpg


それでもシラーの芽がのぞかせていると、ちょっと嬉しい気分。
a0313956_17131870.jpg


 玄関の外に出しっぱなしの鉢植えシクラメン。こんもり、葉の中は蕾がいっぱい。
a0313956_17245539.jpg

 葉の枚数と同じ数の蕾があると言うけれど、もっと多いような気がします~

 花たちは、こっそり密かに春の準備進めています。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-28 17:36 | 自然 | Trackback | Comments(2)

花ごよみ調査

市の自然環境観察員で、毎月、植物調査をしています。
環境情報センターと市体育館のまわりの植物の開花時期を調査して、環境の変化を把握します。
花や実がある植物だけですが、多い時で100種類ぐらいあります。
今回は60種程でした。

特に気になったものを

a0313956_16523599.jpg
コニシキソウ

a0313956_1657988.jpg
這いつくばって生えててよく見かけます。葉のつけ根に粒ほどの緑の実がなっています。

コニシキソウに似ていますが、斑点がありません。葉の裏を返すと粒の様なみかんの形をした実がなっています。
それでヒメミカンソウと言います。

a0313956_1724148.jpg
シンテッポウユリ
園芸種のユリが終わってしばらくすると咲き出します。今年は最初涼しかったせいか、遅いように思います。
似たものにタカサゴユリがあります。シンテッポウユリはタカサゴユリ×テッポウユリで種で殖えるので街で繁殖しています。

a0313956_1711363.jpg
タカサゴユリは筒の部分が紫の線が入っているそうで、今回の調査では白ばかりなのでシンテッポウユリとしました。

家の近所にここだけタカサゴユリが咲いていました。

自然に交配していくので、タカサゴユリでも白くなってきて判別が難しいとも言われています。


a0313956_17234777.jpg
ノブドウ

ヘクソカズラも一緒にからまって、よく探さないと見落とします。

アオツヅラフジでは?と教えていただきました。
次回の調査で確認したいと思います(10・9訂正)


a0313956_17281499.jpg
ヘクソカズラの花


a0313956_17313370.jpg
ヘクソカズラの実

教えて頂いてわかりました。ヘクソカズラの実はオレンジです。

たぶん、イヌホウズキかアメリカホウズキ。

よくわからないのは載せてはダメですね(10・9訂正)


ヨウシュヤマゴボウ
ブドウ色の実は秋らしくておいしそう~ 最近では切花でも売っているみたいです。
名前の通り、根っこはゴボウのようで、もし庭に生えてきたら抜くのに四苦八苦です。スコップで掘り起こすようですね。
a0313956_17343062.jpg

a0313956_1739856.jpg
昨年、北海道ガーデン街道に行った時の紫竹ガーデンさんでは、このヨウシュヤマゴボウが厄介者ではなく、宿根草としてクレマチスガーデンに彩りを添えていました。
「『雑草』という名の植物はない」と昭和天皇はおっしゃてたと、案内のおじさんが話していました。雑草と決めるのは人間の都合なんだなぁと思いました。

広い庭だったらヨウシュヤマゴボウのブドウ色はいいアクセントになりそうです。


ターシャ・デューダーもヒメジオンをデージーと混色して、自生種を大事にしたそうです。
そんな広い庭だったらいいですね~

a0313956_1755461.jpg
コボタンヅル

街の中ではあまり見かけないそうです。

北海道ガーデンツアーで人気だったクレマチス‘マンシュリカ’に似ています。
学名調べたらClematis apiifolia var. biternata でクレマチスでした。


ハイメドハギ
なかなか街中では咲かないそうですが、今回は見れました。
a0313956_1812661.jpg

名前のない植物はないと思うと道端の草も名前を知りたくなります。
[PR]
by toraneko-nyao | 2013-08-23 18:08 | 自然 | Trackback | Comments(10)