「ほっ」と。キャンペーン

タグ:生ごみ資源化 ( 8 ) タグの人気記事

生放送💦

 地元のFM局の番組「竹中通義のモーニングワイド」のコーナー「市民活動hotリポート」で、ごみ減量化、資源化の活動している「さがみはらリサイクル連絡会」として、メンバー2人で生放送に出演!(;^_^A 
 緊張した~ 目の前に大勢の人がいるわけでもなく、パーソナリティーの竹中さんに聞かれた事をいつものようにしゃべればいいのに、なんだか、ちゃんと話せてるのか、伝わってるのか、よくわからないまま終わった~
終わったら、思わず笑っちゃった( ´艸`)
 ラジオの生放送って、スタジオにこもりっきりでなくて、CMや交通情報の間に出たり入ったり。竹中さん本人も、途中で出て来て、名刺交換。
交通情報と天気予報は地元大の女子大生。アナウンサー目指してるのかな、
局アナのようにとっても上手
ほぼ、パーソナリティーの竹中さんとディレクターと女子大生で
3時間の生放送を流してる。
 終わって、音楽流してる間に記念撮影
 
a0313956_10413585.jpg

右が竹中さん。Twitterにも載せて頂きました。
つい1時間程前の非日常の時間だった。

[PR]
by toraneko-nyao | 2017-02-21 10:47 | リサイクル活動 | Trackback | Comments(0)

 前回のブログから、カボチャカーテンはみるみる枯れて、風通しもすっかりよくなりました~
a0313956_9555256.jpg

 ずっと雨で、部屋の中からパシャリ(って、デジカメになっても通じる⁉)

 野菜師匠が、Facebookに、収穫したカボチャの中で種が発芽してたと出てて、こんなに枯れてればもう栄養いかないからと、収穫指令を出しました。
 
a0313956_1035124.jpg

 深緑の3個がカーテンになっていたので、手前がネットをかけてたもの。1.3㎏ありました( *´艸`) 奥の薄い色はみんなの畑で取れたもの。
もう少し、軸がコルク化してから収穫するようだけど、そんな発芽現象もあるなら、これからキュアリング(切り口を乾燥させ、追熟させる事)するし、早めに収穫。しばらく置くと甘くなってきます。収穫してからもそのままで保存出来て、おいしくなる事から、そうゆうエネルギーを蓄えたカボチャを冬至に食べれば風邪ひかないと言う事です。そう言えば夏野菜をどうして冬に食べるんだぁ?と思っていたので、これで納得。

 わかってない事って、いっぱいあります。
[PR]
by toraneko-nyao | 2015-09-08 10:18 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

夏の終わりに

 あんまり涼しくて、夏に置いてかれた感じ。
あの猛暑の中、庭の植物達はじっと耐え、今は解放されているよう。

 カボチャのグリーンカーテンはすっぽりと窓を覆い隠すほどに。
a0313956_20533377.jpg

 下の方はうどんこ病になってきた。だんだんと弱ってきてるんですね。
 涼しくなって、曇り続きのほんのわずかな晴れ間の写真。
 青い空が恋しくなってくる。
a0313956_20552260.jpg

 結実果もこんなにカボチャらしくなってきました。軸もコルク化してきて、もうすぐ収穫できそう。

a0313956_20595050.jpg

上の方で結実した2つも、ネットもかけず放置したままで、重さをバランスよく取って、ここまで大きくなってきた。

 この夏休み、親子ダンボールコンポスト講習会を市役所の資源循環推進課(うちの市の家庭ごみ担当の課名、先進的だよね~)と行いました。
1回めに作り方の講習と実際に作った物を持ち帰り、実践して、一ヶ月後の2回目にその経過と二次発酵の方法と質疑の2回コース。
最後に「4Rキッズ」として修了書の授与。
ごみ減量化啓発キャラクターのレモンちゃんが渡してくれました。1人1日100gごみを減らす取り組みを100gがレモン1個分と同じなので、それをPRするイメージキャラクターです。この子の他に「分別戦隊シゲンジャー」もいて、その中のレッドくんが1回目に来てくれました。子ども達はキャラクターが好きですよね。特にレモンちゃんは人気で、レッドくんを怖がって泣いていた小さな女の子も、レモンちゃんには自分から近づいていました。
a0313956_2157663.jpg
 
 私も子ども達との講習会は楽しかった(^^♪

 夏の終わりの締めくくりに、八神純子さんのコンサートへ。
昔と変わらない高音とパンチがあるのびやかな歌声。
15年、活動休止していたそうです。「だって、ベスト10入りしなくなっちゃたんだもの」なんて言い方をしてましたが、数々のヒット曲はだんだんと懐メロと呼ばれ、そんな番組にしか呼ばれず、もう過去の歌なんだなと、休むことにしたそうです。でも、そんな中でも音楽があふれてきて、曲は作り続けていたそうです。’10年に再開し、翌年の大震災のチャリティー活動を始めて、それを機に本格的に活動しています。今は、ヒット曲も中学生には新曲として知られるようになり、自分も過去の曲ではなく歌い続ける曲として、もちろん歌ってくれました。懐かしさもあるけれど、一緒に口ずさめて、ちっとも色あせていません。新曲もどれもメロディアスで素敵な曲ばかり。
後半は会場の1階はみんな立ってまさにライブ状態。残念なことに私は2階席で、その乗りに乗れなかった~( ;∀;) 
ずっと歌い続けても、息切れもしない。私より3っ上なんて、パワーあるぅー‼ 

CD、買っちゃいました♪
a0313956_22353126.jpg
 新曲とヒット曲の二枚組。
 サインと握手もしてもらって、夢のひと時。


「真夏の夜の夢」はこうして幕を閉じました。
 



 
[PR]
by toraneko-nyao | 2015-09-01 22:51 | リサイクル活動 | Trackback | Comments(0)

みんなの畑

 土曜日、暑さが戻ってきた~と思ったら、涼しくて過ごしやすい数日。
でも、このままであるはずがないし、もしそうだったら異常でしょう~。
また、あの猛暑はまいるけど、暑さは戻ってくるよね。

 もう一つ畑をお手伝いしています。
畑仲間のYさんが中心になって、みんなで野菜を作ったり、子どもも一緒に畑作業や、虫取り、泥遊び、水遊びなども出来て、みんなで畑を通じてつながるコミニティ畑を目指しています。それでここは「みんなの畑」と名付けました。
a0313956_18311944.jpg


 ここも生ごみ堆肥を使って、無農薬で作っています。
a0313956_18343640.jpg
直接、生ごみを入れたり、ダンボールコンポストを入れたりしています。


a0313956_18394979.jpg
出来るだけ、固定種を育て種も採取します。
 地這えキュウリ 種を採るために完熟させてます。


a0313956_18432236.jpg
ここも生ごみ堆肥からカボチャが育ちました。野菜のほとんどは一代交配種F1ですから、これもそうでしょう。F1は一代限りで、出来た種(F2)は性質を受け継ぎません。先祖返りしたり、どんな性質のものが出来るかわかりません。そのためなのか、栄養の関係か、こんなラクビーボールのようなものも出来ました。


a0313956_18501820.jpg
落花生も種から育てています。


a0313956_18512873.jpg
綿の花

a0313956_18573253.jpg
しぼむとこんなピンク


 写真を撮りそこなってしまった。食用のほおづきがあって、ミルキーのような味なんです。牛乳というか乳製品っぽい植物ってなんか不思議。
[PR]
by toraneko-nyao | 2015-08-25 18:59 | | Trackback | Comments(2)

生ごみ堆肥で畑を作る

 今日は幾分、涼しい~ 
何日連続猛暑日というくらい、あれだけ高温の日々を過ごしてると、
体も慣れてきて、1,2度下がるだけで涼しく思える。
 雨の予報も出てて、庭も畑もホッと一息つけるかな~

 実は、昨年3月から、生ごみの堆肥で畑を作ろう!と仲間の1人の家の空き地で畑をやっています。
全体は、ひと目で見渡せるくらいの広さ。     
a0313956_953359.jpg

この畑は生ごみを堆肥にするダンボールコンポストも入れますが、基本は直接投入方法。
こんな風に畝の10~15cmの深さに、出来るだけ小さくした生ごみを入れます。
a0313956_1053438.jpg

上から土で埋めて、その上に枯葉や枯れ草で覆います。発酵熱で蒸発した水分を吸着する役目をします。 
a0313956_1375777.jpg

その上をビニールで覆い、1週間ぐらいは生ごみと土を混ぜていきます。 
a0313956_13151138.jpg

  夏は1,2ヶ月、冬場は2,3ヶ月で土になります。
 目安は、1㎡に10kgで、結構多い。実際は3人の生ごみの量だと少なめなので、
 熟成して土になったあとも何度か入れています。

 今、育っているのは
a0313956_957523.jpg
 キュウリ 
 サカタのロングセラー 
 ‘さつきみどり’ 

a0313956_1020342.jpg
 色っぽいキュウリではありません~(^_^;)笑

a0313956_10324243.jpg 
こちらはオクラ

a0313956_10344481.jpg
 タキイさんの ‘ベニー’という赤紫の品種

a0313956_10364619.jpg
 この日、みんなで分けた収穫

a0313956_1040452.jpg 
 このベニーちゃん、茹でると普通のオクラのように緑になっちゃう(右)
 リトマス試験紙的に酸をかければと、お酢をかけても、茹でる時
にお酢を入れても緑でした~ 
折角のきれいな赤紫、色止めできないかな~

a0313956_132802.jpg
 オランダ花の旅で買っていたトマトの種。
 ダンナのお土産だったのに播かずに3年経ってたけど、発芽しました。
 育ちが遅れ気味。


 庭のカボチャもグングン伸びて、グリーンカーテン状態
a0313956_1324089.jpg

 
a0313956_13405463.jpg
  前回に載せた結実果はみるみる大きくなって、重さに耐え切れず未熟のまま落果。
 放っていたら、未熟でもキュウリと同じ科だから食べられると、野菜師匠が救助して、テーブルにありました。
 キュウリと同じようならまずは糠漬けに。

 
あとは、新聞にレシピが載っていた和風ポトフに入れてみました。
夏はどうしても冷たいものを取りがちだけれど、腸は37度ぐらいであっためる方が疲れにくく、体にも良いそうで、季節の野菜で作れば、旬の野菜の栄養も取れるというメニュー。
 カボチャの幼果はズッキーニのように使えるようです。
 中国帰りの野菜師匠の話では、中国の人はどんなに暑くても暑いお茶を飲んでるそう。ビールも冷やさないし、ホテルには氷も置いてないとか。だから、中国の女性は肌がきれいなんだよな~と、そこかい言いたいのは!?
まぁ、それはどうであれ、中医学の国、体をあっためるのは理に適ってる。
冷たいものは控えるようにしよう~
a0313956_13592412.jpg
 しばらくすると、また雌花が出来て、結実。
 今度は重さに耐えかねて落ちないよう、ネットで保護。

a0313956_1411248.jpg
 見上げると雌花がいくつか咲いていて、もう手も届かない高さで受粉できない。もう勝手に成ってください。


a0313956_1464074.jpg
収穫したキュウリとミョウガの糠漬けや、緑になっちゃったベニーちゃん混じりのサラダなど。
 近所のスーパーでなんと、北海道限定のサッポロ クラッシクが!
 買わなきゃでしょっ。
 あっつい夏もこれで至福のひととき♪

 う~、ビールは冷たいのがいいよね~ これ以外は冷たいもの控えるから・・・



 
 
[PR]
by toraneko-nyao | 2015-08-10 10:53 | | Trackback | Comments(2)

カボチャの庭

 梅雨はとっくに明けて、夏、真っ盛り!

あまりタイムラグがある話題が続くのもどうかと思うのでタイムリーな話題を。

 生ごみ堆肥を仕込んであるパーゴラの下から、生ごみに混ざっていたカボチャの種が発芽して成長。
カボチャの芯はダンボールコンポストに入れるとすぐ発芽します。発芽しては混ぜられてどんどん分解されていくのですが、最後の入れたカボチャが分解されずに二次発酵のためにここに埋められて発芽してきたというわけです。このままどんなカボチャが出来るのか育てる事にしました。
 
a0313956_1741082.jpg
 
6月29日に撮った時はまだ地を這ってましたが、

a0313956_17465519.jpg
 
  ぐんぐん伸びて、ころたんメロンのためのネットを占領してきました。
この場所は野菜師匠のダンナの場所で、ころたんを植えたものの、生育がイマイチ。
野菜師匠も生ごみから育ったカボチャにも関心があるようで黙認。

a0313956_17524787.jpg 
 ずっと雄花ばかりで、そんな状態を、窒素が多い時に起きるつるボケだ、との野菜師匠の解説でしたが、ようやく雌花ができて、朝に雄花を受粉したら、みるみるここまで肥大しました。


a0313956_17564851.jpg
 その先にもう一個雌花が咲いて、今朝、受粉しました。


 同じようにダンボールコンポストをやっている仲間の話だと、おいしかったという話も聞いているので、楽しみ~

a0313956_17583845.jpg
 今、唯一庭で咲いているユーコミス(パイナップルリリー)のふたごちゃん。


a0313956_1811059.jpg
 

 先月、農園で作った観葉のハンギングはこんなにもりもり。


 明日は誕生日なんだ~ でも、ダンナは中国で、息子は松本、娘は出かけるんだって。
でも、今日ならいいよと娘が言ってくれたので、近所のビアガーデンでグビっとBirthdayなのだ♪
[PR]
by toraneko-nyao | 2015-07-25 18:13 | ガーデニング | Trackback | Comments(1)

霜柱が立つほど

 少し、寒さが和らいだ三連休。
昨日の成人式は突き抜けるような青空で晴れやかでした。
昨年、娘の成人式は大雪でしたので、昨日の天気はなんだか人事ではなかったです。

 今日は、また寒さがぶり返し、庭は霜柱が立ってました。 

 昨年末、たまりにたまった生ごみ堆肥を二次発酵させるため、
ミニトマトを育てたパーゴラの下に埋めました。
a0313956_11121221.jpg
昨年の6月末から始めて、半年続けてしまい、洗濯ネットもいっぱいで反転させる余裕もなくなってしまいました。

a0313956_11131574.jpg
だいたい、ダンボールも痛んでくるので、長くても4ヶ月が目安です。ただ、発酵力が落ちず、だまにならなかったら続けられます。


まだ、入れたばかりの生ごみや、なかなか堆肥化しにくい玉ねぎの皮やミカンの皮が残っています。
このままでは発酵が途中で、植物は植えられませんし、濃度が高いので、同じ量の土と混ぜて、完熟させて使います。

a0313956_11292143.jpg
30cm以上、穴を掘って生ごみ堆肥を入れます。

a0313956_11301482.jpg
掘って出た土

a0313956_1135146.jpg
積んであった雑草や剪定した枝なども一緒に入れ、発酵を促進するために、米ぬかを撒きました。
それから、土を埋め戻します。


今度はここに何を育てよう~ また野菜? キュウリ?
 
 ここから、庭作業が止まってます。
今日するつもりで、植えそこなってる球根、植えたかったけれど、明日は雪マーク。
どうしようかな~
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-14 11:54 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

バス見学

 今日は、生ごみ資源化の活動に関連することを。
先週水曜日、相模原消費者団体連絡会と市の生活安全課が主催する、バス見学に参加しました。
  
 最初の見学先は、「小田急フードエコロジーセンター」
ここは、食品関連事業所から出る食品残さを回収し、養豚の飼料に加工し、その飼料で育てた豚はブランド肉「優とん」として販売している小田急系の食品リサイクル施設です。

 a0313956_11113016.jpg
回収された食品残さ。生ごみですね。市内の小田急グループとそれ以外の事業所170ヶ所から、1日30t集められてくるそうです。これを水をかけながら破砕していきます。野菜くずがほとんどですが、そのままのバナナもありますね。

a0313956_1123294.jpg
これは、パンの山。スーパーやコンビニの売れ残り。このような売れ残りよりも、食品加工工場からが多く、特にコンビニのお弁当工場からは、炊きたてのご飯が毎日2t出されるそうです。コンビニはレジで売上と発注を管理しているので、それに対応するために余剰分が出るのですが、炊きたてのご飯、そんなに廃棄するなんて、ご飯は一粒も残さずに食べなさいと言われてきた私なんか、罪悪感なのかきゅんと胸が痛みます。ここまでして、いつでもどこでも食べられるよう便利にしなきゃならないかなぁ~?

 生ごみは資源化して、土や飼料、バイオエネルギーにリサイクルできるけれど、まず、出さない努力が必要ですね。
a0313956_11512048.jpg
破砕された残さは、殺菌処理され、乳酸菌で発酵処理されます。牛乳や、ヨーグルトの良質な残さも水分をそのまま利用することで、エネルギーコストをさげ、出来た飼料がこのリキッド飼料です。輸入穀物飼料の半分の価格で、消化吸収もよく、疾病率も低下し、抗生物質の投与も軽減できるそうです。
 安全で健康的な豚肉は「優とん」というブラン名で小田急グループ内外の百貨店やOXスーパー、ホテルなどで販売しているそうです。私の地域は小田急グループがないので、見たことないのですが、小田急沿線の方ならご存知なのでは?

 次の見学は飯泉取水管理事務所 取水ぜき
 今年はカラ梅雨で東京は水不足が心配されましたが、神奈川は隣なのに懸念されなかったのは、この見学で神奈川は水源が豊富だと知りました。

a0313956_1232445.jpg 
取水ぜき 
ここから水道水にする原水を取って、浄水場へ送ります。最初の入り口です。

a0313956_1235919.jpg






沈砂池
ここで溜まった砂を吸い上げて、排砂設備で処理し、原水は導水ポンプ設備に送ります

a0313956_1239551.jpg

導水管 内径3100mm 
これを通って原水が浄水場まで送られます。




 浄水場はよく知っていたけれど、最初の入り口は当たり前過ぎて、意識していなかったのか、改めて水がどんなに遠くから運ばれているか、そう、ここは小田原ですから、そこから、うちまではるばるやってくるわけです。

 今日はとてもマニアックな内容で(^_^;)、最後までお付き合いくださって、ありがとうございます(*^◯^*)
[PR]
by toraneko-nyao | 2013-09-09 13:14 | リサイクル活動 | Trackback | Comments(0)