タグ:ガーデニング ( 42 ) タグの人気記事

 またまた、久しぶりの更新です(~_~;)
こんな調子でも、お寄り頂いた皆様、ありがとうございます。

 先日、横浜イングリッシュガーデンへハンギングコンテストの搬入で行って来ました。

昨年のコンテスト展示場所のシュラブガーデンの一部がコスモス畑に。中には小道があって、ベンチが置かれのんびりおしゃべりしてしまいます。
a0313956_20582234.jpg

ジブリ風なオブジェもあって、一見どこかの国のよう。
そのうち、こんなに咲かせるには台風はどうしたんんだろう?ポットである程度大きくしてから植えつけたのかな~とつい栽培談義に。

 コスモスは私の大好きな花。うちの小さな庭でもパーゴラの下をコスモス畑にしてみたい。

a0313956_2162728.jpg
写真ではわかりにくいけれど、こんなオレンジがかったピンクのニュアンスカラーのコスモスも咲いていました。


a0313956_2193517.jpg
秋のバラもたくさん咲いていましたよ。
この作ったような花びらの造作とパープルがかったピンクがなんとも言えません。
品種がわからなかった。どなたかわかりますか?


 そして、これが出品したハンギング
a0313956_21175268.jpg

「Antique(アンティーク)」 見た目そのままのテーマです。
ストックやビートがうまく根付かず、搬入の日、風が強くて萎えてしまいました。
しっかり活着させる基本中の基本が出来てませんでした。
背景は農園の講座に参加して、たくさんのコツやヒントを頂いて、少し、苦手意識がなくなりました。

 他の皆さんの作品は素敵なものばかり。入賞作品は公式サイトに掲載されていますのでご覧ください。

 おまけは小さな庭の様子です。
夏疲れの草ぼうぼうの庭に晩秋の訪れ。
黒軸のキヨスミシラヤマギク
a0313956_21524097.jpg

管咲きのオビトケノコンギクの桃色。 昨年の宝塚ガーデンツアーで買ったもの。
a0313956_2157237.jpg

ブータンルリマツリが花盛り。今年は良く咲いています。
a0313956_2224144.jpg

a0313956_2254039.jpg
秋にブルーの花もいいかなと植えてみました。この前にコスモスを植えたら好きな色合わせだわ~


ちょっと満足していたら、庭の外側、お隣の駐車場側からは
a0313956_2292654.jpg

なんだかいい感じに咲いているんです。
駐車される皆さんに見てもらえていいのだけれど、庭でこんな風になってくれたらもっといいのに。
思うようにはならないものです。
花は自分たちの咲きたいように咲いているのだから仕方ない。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-11-15 22:15 | ハンギングバスケット | Trackback | Comments(11)

Cafe&Zakka(雑花) LeCoeur

 ご無沙汰すぎる更新です。
その間にもご訪問いただいて、ありがとうございました。
 何かと出る事が多くて、サクサクとパソコンできない私は、つい後回しにして、こんなに経ってしまった。

 先日、手作りの友達を通じて知り合った、LeCoeurル・クールさんが8日に新装オープンしました。
ご自宅を改築して、カントリー風な自宅件お店と、ナチュラルでかわいいお庭も作りました。
a0313956_17142545.jpg

入り口には荷車に寄せ植え。
a0313956_1803491.jpg


a0313956_1729064.jpg
こちらは赤を主体にしたカラースキームガーデン。これから少しずつ植え込んでいくようです。


a0313956_17325414.jpg
反対側はホワイトガーデン。ソフトホワイトのマリーゴールドはお友達が種を播いて育てたものを頂いたそうです。


自宅の門扉のコリウスの植え込みはSLTのハンギング。
a0313956_1893191.jpg


さりげなく缶に植わった多肉が置かれていたり、
a0313956_18231379.jpg


お庭には樽やランプなど、小物などが所々に置かれています。
a0313956_17213934.jpg


店内はアンティークな雰囲気で、このランプシェードがきらきらしてます。
ちいさな空間ですが、このこじんまり感がホッと出来ます。
a0313956_18391237.jpg


a0313956_18441849.jpg
10月いっぱいはお茶セットがサービスです


a0313956_1845042.jpg
ガーデン雑貨や手作り小物なども販売されています。ガーデン雑貨は私にとってはわくわくな宝の山
お花が大好きな店主さんは、お茶したり手作りワークショップをしながら、お庭や花を楽しめるカフェと雑貨のお店で「雑花」にしたそうです。


お店の販売用に、その宝の山から鉢を選んで、寄せ植えを作りました。
ここは我が家の玄関先ですが、お店に飾られると素敵に見えちゃうんです~ 写真は撮りそこないました・・・ 
a0313956_18352040.jpg


営業は水・木10:30~17:00、バス通りから路地を入ると秘密の花園のようにお店があります。
お近くを通られたらぜひ、お立ち寄りくださいね(^^♪

相模原市中央区田名4450-2
tel&fax 042-760-4546
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-10-22 19:13 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)

ひと休みの庭

 挑まれているような暑さも、ひと時のお休み。
暑さに負けまいと、肩ひじ張って過ごしてた日とは打って変わって、PCに向かう余裕も出てきました。

 必死に暑さに耐えてた庭の花たちもホッと一息。
気付くと白い花ばかりが咲いています。

 初めて作ったワイヤーハンギンギング、その時使ったヘミグラフィス アルテルナタに小さい花
a0313956_1637287.jpg


  ピンクしか咲かないと思っていたツルバキア フレグランス、白が咲いてました。
やっぱり、見れば見るほど中の花弁がカトレアっぽくてかわいい。~
a0313956_16451843.jpg


 先月の研修旅行で仲間入りの立山ギク。
陽のあたる所に置いていたら、気付くと丸坊主になりかけて、慌てて半日陰に。
少し、復活して花も咲きました。これで、地におろすときは半日陰でないとダメとわかりました(・。・;
a0313956_16535025.jpg


 昨年の北海道ガーデンツアーで仲間入りのノリウツギ ‘水無月’
先月、咲いて少しくすんできてるけど、夏は涼しげな白、秋は赤くなっていって、いい仕事をしてくれます。
a0313956_1658559.jpg


玄関前の寄せ植えのワイヤープランツにも、金平糖のような小さな小さな半透明の花。
a0313956_1705841.jpg


 そして、今年もお目見え。帰化植物のコマツヨイグサ。その名の通り、咲くのは夕方で見逃しがちですが、今日みたいな曇天では昼間から咲いてます。そう、これで、開いてるんです。
a0313956_1751978.jpg


 毎年、一本しか咲かなかったユーコミス パイナップルリリーは今年はふたごちゃん。
a0313956_17124381.jpg


 どんな庭にしたいのか、まだまだまとまりのない庭。なのに、植物は増える一方。
やりたいことは盛りだくさん。でも、その前に、この涼しい数日を逃さずに目の前の頼まれ事を片付けてからね(>_<)
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-08-09 17:22 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

 小休止の梅雨でしたね。その間も突然の雨に振り回されてました。
青空も見えるほど晴れてたから、思いっきり外に洗濯物干して接骨院に行ったら土砂降り。
何日か接骨院に行くと雲行きが怪しくて、先生にも洗濯物の心配をしてもらって、
電話したことも。
このときは、すぐにあきらめて、ぐしょぐしょの洗濯物をまた洗濯。

 今日あたりから、梅雨らしく雨の日々のようです。
庭はすっかりグリーンガーデン。そんな中、ちょこちょこと花が咲いてます。

 スカシユリ ホワイトピクセルの二番花
a0313956_1313556.jpg


 これはダンナが育てている唯一の花。たぶん、カサブランカ
a0313956_1372750.jpg

もう、5年になるかな。去年までは背丈ほどまで伸びたのに、今年はここまで。
ダンナが花粉を必ず取ります。花がらを勝手に切ると怒られます。ここだけは私が踏み込めない場所。

 すっかり忘れてたゼフィランサス。
a0313956_10534759.jpg

蕾が出てきて、思いがけない出会いに心当たりのない私。
記憶をたどって、あ~植えた気がする~
a0313956_13483062.jpg
後ろにあるリクニスの濃いピンクとスカシユリ ホワイトピクセルとちょうどいいカンジな色合わせ。


 腰痛もほとんど治ってきたから、庭仕事できるかな。
中腰の姿勢が一番腰にくるから、梅雨の合間にやりすぎに気をつけよー
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-07-04 10:58 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

 学校の先輩でもある園芸家の奥 峰子さんが(社)園芸文化協会の特別ツアーとして企画しました。
埼玉でへメロカリス800種を栽培している農園と近隣の道の駅で花苗を販売している所にも寄ります。
へメロカリス農園では珍しい種類もあり、注文したら秋に苗を送ってくれます。
新宿に集合、バスで向かいます。

 日時 6月26日(木) 9時集合 17時半頃解散

 費用 6500円 昼食付き  
 
 あと残り 8名

詳しいお問い合わせと申し込みは
(社)園芸文化協会
までお願いします。
   
      〒113-003  東京都文京区本郷1-20-7 安藤ビル202号室
      TEL:03-5803-6340  FAX:03-5803-6341

私は残念ながら行けません(>_<)

興味のある方、ぜひ、いらしてください!
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-06-13 18:15 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

京都 庭園めぐり

 こちらは、梅雨入りの名の通り、雨ばかりでおひさまが待ち遠しいです。

梅雨入り直前、京都に旅行してきました。
ダンナの仕事が土、月と京都方面であるので、暇をもてあます日曜の穴埋めにおつき合いというわけです。

 考えて見たら、修学旅行以来の京都。
メジャーな名所旧跡は、大人になったら自分で行けるからと、なかなか行けない場所ばかり回って、金閣、銀閣、など定番はまだ行ったことがなかったのです。
そこで、ようやく「大人になったら」を叶えることに。

 第1日目は、嵐山。

 ここは昨年洪水にあった渡月橋から見た桂川。定番の嵐山の風景。
まだ、工事中の場所も。
a0313956_14563248.jpg


a0313956_145435100.jpg


 まずは世界遺産、天竜寺。
足利尊氏創建で、嵐山を借景に作られたバランスのいい菖蒲池庭園は夢想礎石の作品。
a0313956_1534661.jpg

すでに、ここから歴史の授業の始まり。
夢想礎石?なんか遠い昔(!?)授業で聞いた。庭を作った有名な人~。鎌倉後期~南北朝時代とガイドブックに。それにしても、借景の嵐山と庭の調和の取れたこの一体感。

 そこから庭を巡っていくと八角連が咲いていました。
a0313956_15232549.jpg


そして、そこを抜けると
a0313956_15283430.jpg


竹林の道
a0313956_15294963.jpg


この風景が数十m続きます。
全国的に夏日だったこの日。竹林の道はすがすがしく、心が洗われるよう。
きれいな竹林は手入れも行き届いているなぁ~とついダンナとそんな裏方視点に。

 帰り道、しばらく行くと舞妓さんに出会いました。京都と言ったら舞妓さん。一緒に写真撮らなきゃね。
快く受けてくださいました。
a0313956_15521877.jpg

 
 バスで10分ほど移動して、嵐山の南へ。
一年中、鈴虫の鳴き声が聞ける華厳寺 鈴虫寺 へ。
a0313956_16295312.jpg
ここでは願いを叶えるお地蔵さんにお参りして、通された所は、鈴虫が鳴いている涼しい広間。ここに参拝客が大勢集まって、住職さんのユニークたっぷりの説法を聞くことに。
予想外の展開でしたが、これがこのお寺の目玉のよう。

住職さんは、京都といえばお寺で庭を見て終わりだが、本来は参拝に来ているのだから、そこの住職さんに会って話をして、手を合わせて欲しいと話され、あー確かにと反省。
お茶と干菓子が出され、これは禅寺でのもてなし方で、本来のお寺の参拝だと教わりました。

 そこから、拝観時間が指定されている世界遺産西芳寺、苔寺へ
ここは参拝者が制限されていて、予め往復はがきで申し込みをします。ガイドブックに書かれているままはがきを出したら、返信に、写経をしてから庭を見学とあり、拝観料も3000円と一気にハードルが高くなりました。
小筆も持参で、お気楽な気分ではいけないんだと、少し、たしなめられたよう。
 緊張しながら向かいましたが、続々と人が集まり、本堂は寺子屋風に机が並べられ、50人ぐらいで写経をしていました。指導された住職さんも丁寧に教えてくださり、外人さんも正座できなくても楽な座り方で書いていました。
 1時間かけて書き上げると、私は終わりのほうで、祈願をそえて、奉納してきました。

 そして、待望の庭が!

まず、出迎えてくれたのが、桜吹雪ならぬ竹吹雪
a0313956_17182746.jpg


入り口から、すでに地面は苔でおおわれ、
a0313956_17203088.jpg


あおもみじの木漏れ日と苔のコントラスト
a0313956_17234580.jpg


すべて苔におおわれ、
a0313956_1727566.jpg


池の周りも
a0313956_17281212.jpg

木の根元も
a0313956_17293471.jpg

びっちりともこもこの苔
a0313956_173368.jpg

究極のシェードガーデンと言ったところでしょうか。
下ばかりに圧倒され、上を見上げればあおもみじと空
a0313956_17362958.jpg


塀まであふれるように苔、ここには120種類あまりの苔があるそうです。
a0313956_17385992.jpg

この苔を維持するために、昭和52年から写経をすることと拝観料を高くしたそうです。
手入れも行き届き、落ち葉もきれいに掃かれています。
このお寺は、聖徳太子の別荘としてご創業され、夢想礎石によって作られた庭で、飛鳥時代からここにあるのですから、歴史の深さと、今、なくしてはならない使命感を感じます。

ここもまた、竹林とのコントラスト
a0313956_183544.jpg


ぐるっと回って、山のほうに登っていくと、枯山水の庭
a0313956_1863079.jpg


a0313956_1894839.jpg

ここは究極のロックガーデンかな。
山を降りてくる途中も苔でおおわれています。
a0313956_1812536.jpg


気が付くと1時間以上たっていました。
写経して、3000円払っても、それ以上に見応えのある庭。
写真ではそのすばらしさがなかなか伝わりません。ぜひ、1度、見にいらしてください。

 西芳寺から戻って、石段を登って、住宅街を抜けるとあるのが竹の寺 地蔵院
a0313956_1820940.jpg

こちらは一休禅師が幼少の頃修養されたお寺だそうです。
住宅街の中にあるさりげないお寺も、誰もが知っている由緒があって、歴史が息づいているんですね。
a0313956_18235733.jpg


a0313956_18365397.jpg
そのご近所にも、竹林が普通にあります。
お手入れが大変そうです。


歴史と隣り合わせが京都なのですね。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-06-12 17:31 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

初夏への装い

 バラもそろそろ終わり、だんたんと初夏の装い。
我が家のシンボルローズ(!?)のヒリンドンも花は終わって、葉ばかりになっていますが、一番の見頃だった様子がこの写真。ちょうど、国バラ開催期間中と一緒でした。
a0313956_163112100.jpg

ポール仕立てのようで、パーゴラの上に届くまで、こんな風に楽しめながら仕立てられるのがつるバラなんですね。

 ブログ「晴れた日は庭仕事!」のなみちゃんのオープンガーデンにお邪魔して、行くたびに心惹かれる‘フランシーヌオースチン’と‘バリエガタ・ラ・ボローニャ’のパーゴラ
a0313956_16383767.jpg

こんな風景をみると、ヒリンドンだけを大事に仕立てるつもりの私も、もう一品種育ててみたくなりました。
バラの魅力ってこうゆう事かな。
あれもこれもと写真を撮ってきたけれど、品種名のメモと照らし合わせながらまず、整理しなければ選ぶことも出来ません。

 昨年頂いた‘ツベルゲンフュ'90’が入れ替わりに咲き出して、残り少ないヒリンドンと色合わせ。
a0313956_16585735.jpg

ちょっと、主張がある色だから、単独がいいか~

 玄関脇の通路のこっそりさんの銅葉キンギョソウが満開。
a0313956_1744434.jpg

でも、一昨日の打ち付けるような雨で倒れてしまった。

 その隣ではここに自生してるトキワツユクサが咲き出しました。
a0313956_17113719.jpg

園芸種の逃げ出しで、繁殖力が強く、要注意植物らしいけど、私たち人間の都合の認識で、植物は居心地のいい所を選んでいるだけ。

 この通路で植物を育てるなんて考えられなかったけれど、「木漏れ日の庭Ⅱ」のvivikoさんのお庭にお邪魔した時、同じような通路をシェードガーデンに作っていて、出来ない事ないんだと、納得。作りたい衝動がムクムク。

 昨年、秋のハンギングで使ったペレネッティア‘ハッピーベリー’。こんなかわいいスズラン型の花を咲かせて思いもよらないお客様。
a0313956_17203256.jpg


花菜ガーデンに出すつもりで作った、もう一つのハンギング。
野菜やハーブを1種類以上いれるので、つるなしエンドウの赤花を使って、そのエンドウが実りました。
a0313956_17303753.jpg

水やりだけで手入れをしなかったから、伸び放題で全景はお見せ出来ませんが、収穫は楽しみ~
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-05-24 18:03 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

国バラ 高校生の力作

 国バラは、とうに先週終わっていますが、農業や園芸を勉強している高校生がガーデニングコンテストに参加しているので、ちょっとご紹介。

【ガーデニングコンテストC部門】

 奨励賞
 『視点を変えてみてごらん?』 神奈川県立相原高校 環境土木緑地科
a0313956_1463934.jpg


高校生ならではのユーモアで、授業で習ったことを応用しているようです。

 手前ミソですが、地元の高校で、国バラに最初に参加した高校がここの相原高校です。
歴史も古く、大正11年創立のスタートは農蚕高校で、橋本駅の目の前にあって、広大な敷地の中に入ると駅前とは思えない別世界。
様々な種類の演習林は歴史の長さを感じます。
畜産科学科もあり、牛や豚を飼育していている所は、駅の喧騒も全く聞こえず、ここは北海道!?と思えるほど。(・・・ちょっとおおげさか~) 可能な事なら私が通いたい学校♪

 
 優秀賞
 『未来に続く階段』 群馬県立藤岡北高等学校ガーデニング部

a0313956_1425031.jpg


女子だけの7人のグループで、女の子らしいデザインだなぁと思いました。
よくまとめていて、メッセージノートに応援したくなって、思わず書いてしまいました。

 奨励賞
 『樽cafe~heart&harb~』 埼玉県立熊谷農業高校プロジェクトチーム

a0313956_144052100.jpg


学校で使っていた味噌樽を分解して寄せ植えの鉢や池に使っています。

 自分も、似たような年に学校で勉強してきたからか、同じ年頃の子どもがいるからか、彼らにとても親近感があって、伸びしろがうんとある彼らの作品に清々しさを感じてしまう、少々感傷気味な私なのでした。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-05-20 14:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

 陽気が良くなると、日毎に庭の表情が変わります。

昨日は蕾だったレディーヒリンドン。
あっという間に咲きました。
a0313956_22294592.jpg


a0313956_22411752.jpg
うつむき加減で咲いて、定番のバラらしい咲き方。
目線なので、うつむかないで顔あげてと言いたくなりますが、大きくなって、パーゴラの上で咲く頃は下から見た時にこちらを見てくれるようになるのが楽しみ。

a0313956_22552755.jpg
待ちかねてたスズランも開きました。
岩間に咲くスズランの景色を作りたくてここに植えたけど、一輪では寂しい。早く増えないかな~

a0313956_22563456.jpg
今年仕込んだ、ムスカリ オーシャンマジックもようやく咲き出しました。


サルビア リラータ 
こぼれ種でよく増えて、昨年は庭中この子達だらけでした。
所々、抜いたわりには今年は控えめ。2月の大雪で寒さで少し絶えたのかな。
a0313956_23193363.jpg


a0313956_23484855.jpg
シラー ブルーベルがちらほら咲き出し、リクニスやアルテミシア オリエンタルライムライトが好きなように茂ってきて、ナチュラルガーデンふう!? 

a0313956_23394336.jpg
昨年クリスマスに作った寄せ植えのエレモフィラ ニベア。
次々と咲いて、ポスト周りを飾ってくれます。

a0313956_23455210.jpg
その脇の通路、滅多に通る事もなく、気が付いたら、こんなりっぱなキンギョソウのこっそりさん。
玄関にキンギョソウ植えてたっけ?
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-05-10 00:09 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)

私のお気に入り

 雨、よく降りました。草花も生きいきと、変化していきます。
自己流ロックガーデンは次々と花が咲いてきました。
a0313956_11122635.jpg

ミヤコワスレの淡い紫、シラー シビリカ アルバの白、その前に、写真だとわかりにくい、数輪のピンクのチオノドクサ、奥は、プルモナリア オパールの淡い水色。 
自分の好きな色を植えていたら、こんな淡々な色の組み合わせになりました。
写真では、ぼんやりしているけれど、実際もそんなはっきりしてないか~
でも、ここは私のお気に入り。
ミヤコワスレがいつになく花上がりが良く、上手い具合に他の花たちも咲き出して、例年にないコラボで、うふふとほくそ笑んでます。
a0313956_1123283.jpg


a0313956_11482880.jpg
ピンクの覆輪のマーガレットは近所のスーパーで特価価格で思わず買ったもの。そこに、昨年のハンギングを解体した、黄色のマーガレットとブットレア シルバーアニバーサリーが咲いて、ここもちょっと、いいな♪の場所。


a0313956_114937100.jpg
これは、一昨年のハンギングを解体したマーガレットがのびのびで、その間に解体したカラーリーフをテキトーに植えていったら、こんな自然なカンジ!?で、妙に気にいてます~


小さな庭でも、小さな自然が息づいています。
a0313956_11565082.jpg
 オッタチカタバミ
 カタバミより、花も大きく、立ったよう咲くのでこの名前がついたようです。
花期もカタバミより長く秋までみかけます。


a0313956_1231444.jpg
カタバミのほうが幅を利かせています。
 小さな庭でも、2種類のカタバミがみられると、そこいらじゅうにはびこるいわゆる雑草にも愛着がわきます。
 ここはダンナのスペースなので私はノータッチ。ダンナもワザと残したようです。


a0313956_1210718.jpg
 これはおなじみ、ナガミノヒナゲシ
 強力な外国からのお客様、帰化植物。
 今は、いたるところでみかけます。


a0313956_12123926.jpg
こちらは、先住民のシラーカンパニュラ
 家を建てる時、ここは古家があって、羽衣ジャスミンが垣根のように茂り、立派な槙もあって、とってももったいなかったけど、処分したんです。きっと、お庭をしていた方だったんですね。その時の名残で、毎年、ここに、一輪だけ咲きます。
 石もたくさん残っていて、そこから選んでロックガーデンを作りました。


a0313956_12312475.jpg
a0313956_12321822.jpg
こっそりさんですが、なんで野菜が?と、良く考えたら、スプラウト用のブロッコリーの種を古くて発芽しなかったから、この辺に捨ててました。ブロッコリー、出来るかな~


a0313956_12353740.jpg
またまた、ハンギングの解体苗、セトクレアセア 紫御殿。
冬に寒さでとけて、枯れたかと思ったら芽が出てました。思いがけなくて、嬉しいですね。


a0313956_12442043.jpg
 ご近所の園芸好きな方が、鉢で育てていたものを頂きました。
 野の花、ツタバウンラン。 庭にあったものを、かわいいから別に鉢上げしたそうです。
 いわゆる雑草で、駐車場にあった(草取りされてなくなっちゃった(;O;)~)マツバウンランと同じゴマノハグサ科。かわいいですね~と話したら下さいました~


 明日から夏日だそうです。
 草花たちも、次々と咲き出しそう!
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-05-01 13:13 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)