タグ:ガーデニング ( 42 ) タグの人気記事

夏の出来事

 今は、もう、あき~🎶 って、こんな歌をつい口ずさみたくなるこの頃~
誰もいない海~♬

 この夏、夏でしたか⁉ 
いつも挑まれてる夏は影をひそめ、拍子抜けするぐらい
しのぎやすい夏。過ごしやすかったけれど、なんだかね~
暑ければ、それはそれで文句いうのにね。

 そんな夏、盛り沢山、過ごしてましたよ! 更新するヒマもなく⁉
 
 6月中旬、学生時代からの憧れの地、利尻礼文へ~
私が学生の頃は、リアルタイムで「北の国から」ブームでして、
寮生活では10時就寝だったのですが、金曜夜10時放送のこのドラマ、
週末の夜で、家に帰らずに残っている学生だけで、舎監の先生のお部屋に行って、
見せてもらっていた記憶が。北海道は憧れの地でしたね。

a0313956_20473726.jpg

利尻富士

a0313956_21122692.jpg

 礼文 標高200mでも高山植物の宝庫 ハイキングコースから望む海

a0313956_20542764.jpg

絶壁の花畑

 7月はベルギーイギリス庭めぐりの旅、7泊8日へ

a0313956_20585050.jpg

アントワープの街

a0313956_21065504.jpg

 ノートルダム寺院 そう、ネロが最後にルーベンスの絵を観た教会。

a0313956_21194285.jpg

ガーデンデザイナー クリス ギレーセン氏のプライベートガーデン
 
a0313956_21223109.jpg

オーストケルタ城の庭
などなど千枚ぐらいの写真を撮ってました~

 8月には青梅 御岳山へ、レンゲショウマを観に

a0313956_21322773.jpg

ハナネコ女子会のsizukuさん主宰のレンゲショウマの会。
 皆さん、カメラが趣味の得意な人達。教わった通りに撮れば私でもこんなふうに撮れちゃう。

a0313956_22004385.jpg


それから、8月に2本の生ごみの減らし方講座があり、準備に時間をさいて
畑にほとんど行けなかった~ みんなとやっている畑だから、行かない分、
収穫もないから、新鮮な野菜が縁遠い夏でした~
 
 おいおい、それぞれ詳細をUPできればとは、思っておりまする~

[PR]
by toraneko-nyao | 2017-09-09 22:04 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

 またもや、停滞してました。
もう、梅雨ですね~ でも、雨、うち地方はあんまり降ってません。

 この春は、全国都市緑化よこはまフェアが開かれ、ますますあっちこっちと、
欲張りなガーデニングシーズンを、過ごしていました。
 3.25~6.4の春真っ盛りに開かれた都市緑化よこはまフェア。
愛称は「ガーデンネックレス横浜2017」
ネックレスのように、里山ガーデンとみなとガーデンのメインガーデンと、
パートナー会場を「まち」でつなげ、花に携わる市民参加の「人」をつなげ、
テーマフラワーのサクラ、チューリップ、バラ<を中心に季節で「時」をつなげるというのがテーマ。
ってガイドブックにありました~(#^^#)

 G.W.にダンナと里山ガーデンへ
 東入口から、後ろのパークトレインに乗って、まず園内1周
a0313956_12164713.jpg

 谷戸のカキツバタ園とか森の広場を通って正面入口へ
車窓の景色、新しいカメラに手間取って、写真撮りそこないました~
 
 正面入口のウエルカムガーデン。園芸王子、三上真史さんのデザイン。
a0313956_12302280.jpg


a0313956_12364480.jpg
カラースキームでまとめられたサークル花壇。

a0313956_14133536.jpgイエローサークルはオーソドックスな花だけれど、グラデーションになってて、凝った花を使わなくても出来るという、とてもいい見本。

a0313956_14212318.jpgセリンセのシルバーがかった紫とオルラヤの組み合わせが、私にはグッとくる色合わせ。その辺が新しいカメラを持て余していて、うまく撮れない。

a0313956_14310991.jpgこの入口から❝森の空中散歩道❞を歩いて行くと、森の中らしく小人のツリーハウス。よくみると丸椅子がいっぱい並んでる。

 さらに、進んで行くと、里山ガーデンの一番の見所、横浜の花で彩る大花壇
a0313956_14400863.jpg

a0313956_14440182.jpg

 横浜の花で彩っているので、ペチュニアはサカタのバカラシリーズなんですが、
この辺りは、まだ色合いが落ち着いているのだけど、

a0313956_14452383.jpgこんな色合いの所もあって、私はあんまり好きじゃない。悪いけど~

 この大花壇の下に芝生の斜面があって、お昼を食べたり、子どもたちが駆けまわったり、「こんな事初めて~」とゴロゴロ転がっている子がいて、なんだかとても微笑ましい。
私達もお弁当を広げて、今度は森の中へ

a0313956_14581024.jpg森の中は、なんだかホッとする。
横浜の中学校出展の蝶の木工アートが所々に飾られていて、そこを抜けると、最初のカキツバタ園に出てきます。
カメラは充電をし忘れ、この時点で電池切れ。

 今度は、歩いて森散策。森のカフェで休憩。そこではバーベキューも出来て、さらに進むとアスレチックがあったり、子ども連れでくれば1日過ごせそう。私達は森を抜け、正面入口からシャトルバスでズーラシアへ。
初めてズーラシアへ来ましたが、森の中の動物園は起伏もあり、ハイキングのように歩きがいがある園内。
生育地域に分かれていて、生育環境展示で動物の生態がよくわかるように工夫されていて見ごたえがあります。 
 このズーラシアと里山ガーデンは、横浜動物の森公園内にあって、里山ガーデンは計画段階にとどまっていた植物公園を緑化フェアの為に、元々ある、谷戸や森の景観を残してカキツバタ園やアスレチックを造り、園路を舗装したり、整備されたようです。(参照ブログ「まちへ 森へ」)<br>
 あの大花壇は、森をこのために切り開いたのだろうかと、気になったのですが、元は農地だったようです。
フェア終了後も今秋には、大花壇が再公開され、来春には菜の花畑やカキツバタ園の公開も検討中だそうです。今後は、里山ガーデンの設備をもとに周囲を整備していくようです。(毎日新聞6/6掲載記事より)
 全国都市緑化フェアは毎年全国のどこかで開かれていて、これをきっかけに公園が整備される自治体もあれば、廃れてしまう自治体もあるようで、よこはまフェアは市で今後も管理されていくようです。その時だけ華やかできれいで終わらずに、緑が残っていって安心しました。この里山ガーデンも自然を活かした植物公園なればいいな(´艸`*)
 




[PR]
by toraneko-nyao | 2017-06-16 18:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

雛祭りが過ぎて・・・

 雛祭りが過ぎて、春本番ってことですよね。
なんだか、あせってきます。
 
 私が子供の頃に飾っていた昔ながらのお雛様。
小道具や桃や橘はボロボロでないけれど。
両親はいい顔のお雛様だと毎年のように言っていて、
子ども心にもそんな風に言い続けられると愛着もわいて、
娘にも毎年これを飾る事にしました。
でも、娘には「苦手なんだ~このお雛様」と去年、今更だけどそう言われて、
飾らずじまい。
 随分前の「タンスにゴン」のCMで、お雛様に扮した沢口靖子が、
しまわれてる箱の中で、ホコリくさいのよ~と、当時、清純派のイメージをくつがえす
コミカルな役で、お雛様出さないと、このCMを思い出す( *´艸`)
自活している娘はいないし、今年は外の空気にも出してあげようと、もちろん、娘の無事も願ってね。
a0313956_15293800.jpg

 福岡に住んでた頃、向こうは旧暦の4月3日まで飾ってたんです。
端午の節句の兜飾りと交代で便利だった。
「あっち(東京)は3月3日過ぎて飾ってると行き遅れるって聞いたからしまうようにした~」というママ友もいたな~
 で、まめでない私は、こっちでも福岡方式でした。
でも、今年はしまうかな~ 娘も一応、お年頃だし~ 2日過ぎてるけど・・・ 

 庭は、クリスマスローズが花盛り
a0313956_20531653.jpg

 例年に比べて、咲きそろってる。
真ん中のV字形になっているメラレウカ。この間、ポール・スミザーの講演会で、ナチュラルな庭作りは自然樹形に仕立てることを聞いて、やっぱりそうだな~と実感。
a0313956_20562136.jpg

ちょっと、森の中の岩組に咲いてるみたいと一人でご満悦。
a0313956_21112615.jpg

これから、春の花が次々と咲くんだな~庭も山も道端も!


[PR]
by toraneko-nyao | 2017-03-05 15:07 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

東風吹かば春遠からじ

 立春も過ぎて、雪が散らついたのは昨日だけかと思いきや、
寒いと思ったらウチ地方は雪が舞ってました。すぐ止んだけど。
a0313956_15204742.jpg

お隣の梅なんですが、だいぶ咲いてきました。蕾は、お正月過ぎてから
ふくらみ始め、なんか今年は早いな~と思ってたんですが、咲くのはいつも通りかな。 

 うちの庭はほとんど枯れた状態の中で、球根が芽を出したり、クリスマスローズが
咲き出したり、春の準備がチラホラ。

a0313956_15410051.jpg播きそびれた秋播きの種。一か八か12/7に播いて、外は無理だろうから、お勝手口で育苗。陽が足りなくてもやしっ子状態


a0313956_15443037.jpg せっかくだから何とかすべく、移植して、もう使っていない娘の部屋に移動。さぁ、ここからどうなるか~(左からワスレナグサ ムッツ ニゲラ ネモフィラ)



a0313956_15551270.jpg今、庭の悩みの種はこのメラレウカ。左の二本が、台風の風や雪で傾き始め パッカリして形がイマイチ。


a0313956_16025457.jpg昨年の54年ぶりの11月に雪、の時もこんな状態。この左の二本を地際で切ってしまおうか、短くするだけか悩み中


a0313956_16071330.jpg反対側の家の外からだと、パッカリには見えないのだケド…
私が良くみるブログ「しあわせの毎日」の中でメラレウカを地際で切っても新芽が出てきたと読んで、地際で切ってみるに傾きつつある。


 庭はこんなだけど、農園に行けば春いっぱい。
今年初のハンギングはSLTで。コンテストに関係なく、自分の好きな様に作るのは
やっぱり楽しい。

a0313956_16263357.jpg

 そのハンギングを作ってみたいとリクエストを頂いて、カフェ&雑貨「ル・クール」さんでワークショップさせてもらいました。
 アロマセラピストのお嬢さんとお母さまで仲良く作られました。

a0313956_16365207.jpgお母さまがその時持ってこられたのがこのハンギング。上の縁の部分がはずれて、サイドが柔らかく苗を入れるときに広げられるようになっていて、6スリットで真ん中のスリットの隣のスリットは下までないんです。初めてハンギングを作るのに作りやすく工夫されているようです。


a0313956_16444434.jpgSLTに合わせて花苗を用意してたので、数が足りなくなるかもと思いつつ、ルクールさんにある苗も使って。


a0313956_16560567.jpgようやく仕上げました。はずした縁をつけると
縁にかかるように苗が植えられないのではずしたままにしました。右側のイベリスの所はこんもりしてくれたらいいのだけど。



a0313956_17063704.jpgお嬢さんのほうはSLTで。アロマ教室に飾られるそうです。とても熱心に勉強されて、ハーブの効能なども詳しく、私は昨年の夏にアロマの虫除けと柔軟剤をお教室で作って、畑作業にとっても重宝しました。


 こんな風にだんだんと春ですね。


と、思いきや、また、雪降ってきた~

[PR]
by toraneko-nyao | 2017-02-10 17:27 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

 もう、梅雨入りしたし、今更、国バラでもないのだけど、
続きを終わらせてしまいます。

 最終日、ハンギング以外を見に再来場。

 まずは、ガーデンコンテスト。毎回、考え抜いたアイデアとセンスあふれる作品が多い中、どうしても気になるのは、学校で勉強中の生徒さんの作品。
年々、増えている気がするし、作品も、きっと限られた予算の中で完成度が高くなっているように思うのです。私が言うのもなんですが・・・

 入賞 「バラと暮らす18年~everyday life~」熊谷農業高校プロジェクトチーム
a0313956_16434874.jpg


入賞 「Avec gratitude~感謝を込めて~」中央工学校
a0313956_188160.jpg


 入賞 「夢がはばたく瞬間」群馬県立藤岡北高校ガーデニング部
a0313956_16512462.jpg

 ガーデナーからの一言として
「”勇敢に進みなさい 彼女のペンだけでなく私たちの心を動かしたのです。
アトリエのミシンで、彼女は夢を形にする。~~ここから始まる物語を皆さんも楽しんでください。」と、誰かの言葉をモチーフに
庭にミシンが置いてあり、トルソーに飾られたた縫いかけのウエディングドレスがあって、夢にまっすぐ進む生徒さん達の姿が思い浮かびます。

入賞 「秘密の庭」中央農業高校
a0313956_17451362.jpg

 女子生徒が多いとカントリー調っぽい作風が多くなる中、
こちらは男子生徒が多いせいか、男の子らしく雑木を多く使って、
中には秘密基地でもあるみたい。

入賞 「内緒(秘密)の裏庭」 埼玉県立いずみ高等学校
a0313956_17525854.jpg


a0313956_17535335.jpg
ガーデンコンテストで上の賞を取っている庭は盛り込み過ぎず、デザインを引き算して考える事なのかなと思うのだけど、ここはそのように感じます。手作りっぽい、このはしごや棚は、うちにも欲しいな。


 生徒さん達が一つの事に打ち込む様子は、清々しくて応援したくなってしまいます。
高校野球の甲子園大会に似てるかな。

 その他、私が気になった、プロの人達が手掛けた素敵な庭の数々。
大賞 「小屋とにわとりと青空」
a0313956_22182141.jpg

石組みやその植え込みはいい感じで、みんな、こんな庭が作りたいんでしょ⁉って言われてるよう。

特別賞 「庭で暮らして時が経ち」
a0313956_2221436.jpg

「小屋とにわとりと青空」が若い女性が作った庭ならば、その庭で家族が増え、子どもが巣立った年を重ねた二人の庭がこの庭のように思える。庭は終わりがなくて変わっていくものとわからしてくれる。

特別賞 「コンテナガーデンー庭の積み木 Garden Bricksー」
a0313956_22264337.jpg

 小さな庭で目いっぱい空間を使えたらという希望的観測。

a0313956_22294795.jpg
 左側の空間はフレンチ
アンティークな小部屋があって


a0313956_2232744.jpg
窓にはアンティーク色の
ハンギングが飾られていて


a0313956_22334751.jpg
その部屋の裏は滝のような、水の演出。


a0313956_22351997.jpg

 テーマは記録し忘れ。奥の黒い板塀のうらに入れて座れます。なぜかひんやりしていてドームの喧騒も遠くに感じる空間でした。

特別賞 「お庭の中で子供と一緒に遊ぶ空間❝studying plant❞」
a0313956_22394849.jpg

すべてが子どもサイズでおままごとみたい。

 そして、再来場したもう一つのワケは、
吉谷桂子さん著作「庭の色」にサインをもらう事。
a0313956_22563842.jpg
この頃、本にサインしてもらうのが習慣というか、趣味になってきた。


a0313956_22592615.jpg
 写真も一緒にパチリ。サインを書いてもらっている間、何か話そうとしたけれどお礼しか言えなかった意外なワタシ。


 やっぱり、「TIME TO SAY GOODBYE」が流れてきてから帰りました。
今年は17時台のシャトルバスは立川まで行ってくれて乗り換えが楽になりました。
 
 
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-06-06 23:33 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

次々に咲いてきた

 小さな庭に唯一のつるバラ、レディ ヒリンドン。
初めての剪定と誘引は、私のバラの先生、なみちゃんにアドバイスしてもらったり、村田晴夫さんの本とにらめっこしながらの出来栄え。思い描いた通りに咲くのかも疑心暗鬼で、ようやく答えがわかった感じ。

朝、雨戸を開けると見えるのがこの風景、リビングにも向いてくれて、これは嬉しい計算外。
a0313956_1645626.jpg

 
a0313956_1612124.jpg
 
膨らんでた芽が揃って伸びて、その先に花を咲かせるって事を実感しました。これを想像しながら剪定するって事なのね。

a0313956_16154735.jpg

 うつむき加減に咲いて、みんな私を見てくれて、小さな庭にピッタリ。

a0313956_16175573.jpg


a0313956_1619837.jpg

パーゴラの足元に定番のエリゲロン。咲き始めは白ばかり。咲き進むとピンクになってきて、ようやくエリゲロンらしくなってきた。

a0313956_1622033.jpg

秋に作った小球根の寄せ植え。第2弾のオーニソガラム ヌータンスが開花。

a0313956_16274214.jpg
 早春のミニミニアイリス キャサリンホドキンが第1弾
最後は早咲きグラジオラス フィオナが咲くのだけど、盛り沢山にしすぎたかな。


 お隣の駐車場にまたマツバウンナンソウが咲きました。
一昨年に咲いていて、うちの庭にも来ないかなとブログに書いてました。
そしたら、ついに一株だけ庭にやってきてました。花が小さくて、写真はピンぼけでお見せ出来ませんが。
a0313956_16482237.jpg

昨年は咲いてなかったんだ~

a0313956_178728.jpg
 そのかわりというわけではないけれど、玄関脇にはいつの間にかムラサキケマンが咲いたのに今年はなくなったし、家の周りでは白いタツナミソウをあちこちで見かける。


 野の花はきまぐれなのね。と思うのは私の勝手ね。ただ、咲きたい時に咲いているだけだもの。
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-05-10 17:15 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

春はイベントが目白押し

 日本フラワー&ガーデンショウは横浜開催で、大盛況のうちに終了。
ガーデニングコンテストはハンギングだけでなく、ミニガーデン部門とコンテナガーデン部門もありました。

 コンテナガーデン部門     金賞 「なごみのひととき」
a0313956_1171812.jpg


                銀賞 「ガーデンカフェへようこそ」
a0313956_11513628.jpg

 農園の卒業生 Yっこはん 第1回の奨励賞に続いての受賞。昨年の日比谷のコンテナコンテストでは農林水産大臣賞を受賞された実力の持ち主。 
こんなカフェがあったらつい入りたくなると誰もが思えるコンテナは、オーディエンス賞も受賞。

                銅賞 「私のシアワセ時間」
a0313956_11534047.jpg


 
                奨励賞 「森のほほえみ」
a0313956_11545369.jpg


 私の好きな作品を2点
                「季節つむぐ」
a0313956_1156292.jpg

 農園のスタッフ、Tさんの作品。黒花ロウバイ、斑入りノリウツギ、左後ろのシックな赤はオージープランツのカンガルーポーだったかな。フロックスやペチュニアのニュアンスカラーでまとめて、こんな色使いは私のあこがれ。


                「大きくなあれ!」
a0313956_11575916.jpg

 こんな大きな多肉植物と、フランネルフラワーなどの花との組み合わせ。
メッセージには、7か月のお孫さんの目を見張る成長と、これからの心豊かな成長の願いが込められています。


 ミニガーデンコンテストで、一番好きだった作品
                「スプリング ドーム」
a0313956_1213934.jpg


 先週末は、日本ホビーショーへ。毎年、たった3日間の開催のこの時期、ガーデニングの事と重なって、ずっと行きそびれてました。
今回はどうしても行きたくて、最終日の残り2時間にすべり込み。
敬愛するトールペイントの川島詠子先生の新刊本が発売されたんです。
a0313956_0451524.jpg

先生のオリジナル商品のシルクスクリーンも販売され、 

a0313956_0485091.jpg
サインも頂きました!

 
a0313956_0522926.jpg
先生とツーショット。
講座から4年も経っているのに、名前を覚えていてくださって、いつも謙虚でかわいらしい先生。


ホビーショーはあらゆる手作りの展示即売があって、
ワークショップも目移りするほど。
3日間、通しで入館出来て、1日ワークショップで過ごせそう。
手作り好きにはたまらない。
2時間しかいられなかったのはもったいなかった~

春真っ盛り、ガーデニングイベントはまだまだ続くー




 

 
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-05-04 21:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

5年たったこの日

 寒い。けれど、冬の寒さと違う、春まじりの寒さって感じかな。
昨年11月に講座で作った小球根の寄せ植え。
ミニミニアイリス キャサリンホドキンが先週から咲き始め、満開の月曜がこの写真。
a0313956_9315313.jpg

この色合い、フシギに感じるのはなんでだろう~ あまり自然には見かけないから?
人口的だから? 微妙な色合い、自然な感じがしないから?
(この写真、青が出過ぎてて、微妙な淡いウグイス色まじりが全くなくて、伝わらないなぁ~)
そんな風にながめてると、「そう思う方が不自然。」と言われてる気がしてくる。
押し問答みたいだけど、キャサリンのいう方がホントだね。あなたが一番自然のまま。
 春が大手を振ってやって来た火曜。
そのあたりからキャサリンは自然のままに咲き終わり始めました。
 
 気がつくと、小さな春が
a0313956_9492346.jpg
 ルッコラの花。蕾には全くきづかなかった。

a0313956_9513444.jpg
 ヤマルリソウが咲いてた。ブルー系の花が多くなる春。なぜか落ち着く青い花。


 そして、先月、初めての作業、ヒリンドンの誘引、無事終了
a0313956_1053776.jpg

こんなにビュンビュンの放ったらかし状態、どうしたものやらとおもいつつ、
バラ師匠のなみちゃんに聞いたり、村田晴夫さん著の「つるバラのすべて」を片手に
なんとか出来ました。
a0313956_1011920.jpg

二階からみるとこんな感じ
a0313956_101299.jpg

さぁ、5月、どんな風に咲いてくれるかな。

 五年前の今日も金曜だった。やっぱり、こんな曇りで寒かった気がする。
昨日、近所のクリーニング屋さんと震災の時どうだったかという話をした。
クリーニング屋さんは、それ以来、バラエティー番組を見て笑う気になれなくて、
今でも見なくなったと話してた。私と同年代ぐらいの男の人。こういう話、そういえば
しなくなったな。その時の事いろいろ思い出して、昨年のブログに忘れないようにしようと書いてたけど、そのつもりでも忘れてる事たくさんあった。
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-03-11 10:35 | ガーデニング | Trackback | Comments(8)

 ぽかぽか陽気だったかと思うと、一転、今日は冬の寒さ。
こうやって、春がしのび寄ってきてる。

 園芸ガイドに連載されている、農園スタッフJunちゃんの「多肉植物と小さなDIY」。
その1回目「スタイロフォームの壁掛け」を雑貨&カフェ ルクールさんから、
リクエストがあって作ってみた。
a0313956_12235898.jpg


 ルクールさんの知り合いの工務店さんからもらったスタイロフォーム、
指定の規格より厚さが倍。
それを、半分にするのにのこぎりで、同じ厚さで切るのが難しく、
なんとか切り出した。
Junちゃんから、薄くしないで、そのままの厚さで立たせたらとアドバイス。
さすがJunちゃん、ナイス アイデア。それで、もう一つはそのままの厚さでおうちの形で真ん中をくり抜いた。
a0313956_12274511.jpg

普通の幅のカッターは、くり抜いてる途中で折れちゃって、
幅広のカッターがいいみたい。
色は、漆喰。その名も「うまーくぬれーる漆喰」というマヨネーズ型の商品。

a0313956_12322740.jpg 
おうちの屋根は、家の模型を作るときに使うのかな。厚手の紙素材で背景で使った時の残りにペイントして、真ん中はその辺の小枝を乗っけてそれらしく。


 ことりには、本の通りに多肉を、おうちは深いし広いからビオラを植えてみた。
a0313956_12434438.jpg


a0313956_1247767.jpg
屋根がなんだか物足りなくて、側面にも枝をくっつけて山小屋ふう⁉


 前に、ペイントした花屋さんでもらった水漏れのブリキの容器。→
一回り小さいサイズに、ルクールさん用にペイント。
作った壁掛けと一緒にパチリ。
a0313956_17445135.jpg

 思ってた以上に気に入ってもらえて、一安心。

 ここの所、ゆっくりトールをやれてない。いろんな事に煩わされずにトールやれる時間が欲しいな~

 
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-02-22 17:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

立春過ぎて

 早いもので、もう2月。
自然は正直。立春間近に、お隣の梅が一輪咲いてましたよ。
a0313956_13401468.jpg

見頃には、二階の窓から花見させてもらってます。
 
庭でもスノードロップがようやく開花
a0313956_13421880.jpg

真ん中の花びらのグリーンのマーク、ハート♥型に見えるよね。
誰かのブログで知りました。石の間に咲く姿が見たくて、こんな隅っこに植えました。

a0313956_13464291.jpg
クリスマスローズもようやく蕾が頭をもたげています。


a0313956_1347851.jpg
いつも、一番に咲いて、花付きもいいのはこの濃いあずきちゃん。


a0313956_14144682.jpg
ツルバキア フレグランス 
花の少ない晩秋から咲いてくれて、寂しい庭を彩ってくれます。でも、こんな真冬に咲いたのはあまりないかも。

a0313956_14184774.jpg
 よく見ると、一つの花がカトレアみたい。って、UPするたびに言ってるな~。


 前回の雪から、雪予報が出る度に、空振りでホッとしてます。
 
 先週の金曜も夜から雪の予報で、帰りが心配の中、中島みゆきのコンサートに行きました。
a0313956_1433980.jpg

 みゆきさんのコンサートは、昔(⁉ 数十年前ね)から、抽選。ネットがない頃は、往復はがきで申し込んでた。今回、ようやく当たって、もちろんネットでね。席も抽選。東京国際フォーラムのホールA。一番大きな会場で、2階席の後ろから数える方が早いくらい。みゆきさんはマッチ棒ぐらい。エレベーターの階数だと、7階で、その高さから舞台を観るということ。そこまで届く音響だけど、音が割れちゃって~(◞‸◟) でも、みゆきさんの生の声を聞けるだけで感動物です。合間のトークは歌とは真逆なテンションは相変わらず。オールナイトニッポンの再現で、あのテーマソングと共に会場からのお便りを読むコーナーはタイムスリップしたみたい。
遠くは四国から駆けつけてきたお客様も。もちろん、朝ドラの「麦の唄」も歌ってくれたけど、おもたーい歌がみゆき節。どっぷり、つかってきましたわ~
 帰り、雪は空振りで、何事もなく帰れました。




 
 
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-02-05 14:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)