立春過ぎて

 早いもので、もう2月。
自然は正直。立春間近に、お隣の梅が一輪咲いてましたよ。
a0313956_13401468.jpg

見頃には、二階の窓から花見させてもらってます。
 
庭でもスノードロップがようやく開花
a0313956_13421880.jpg

真ん中の花びらのグリーンのマーク、ハート♥型に見えるよね。
誰かのブログで知りました。石の間に咲く姿が見たくて、こんな隅っこに植えました。

a0313956_13464291.jpg
クリスマスローズもようやく蕾が頭をもたげています。


a0313956_1347851.jpg
いつも、一番に咲いて、花付きもいいのはこの濃いあずきちゃん。


a0313956_14144682.jpg
ツルバキア フレグランス 
花の少ない晩秋から咲いてくれて、寂しい庭を彩ってくれます。でも、こんな真冬に咲いたのはあまりないかも。

a0313956_14184774.jpg
 よく見ると、一つの花がカトレアみたい。って、UPするたびに言ってるな~。


 前回の雪から、雪予報が出る度に、空振りでホッとしてます。
 
 先週の金曜も夜から雪の予報で、帰りが心配の中、中島みゆきのコンサートに行きました。
a0313956_1433980.jpg

 みゆきさんのコンサートは、昔(⁉ 数十年前ね)から、抽選。ネットがない頃は、往復はがきで申し込んでた。今回、ようやく当たって、もちろんネットでね。席も抽選。東京国際フォーラムのホールA。一番大きな会場で、2階席の後ろから数える方が早いくらい。みゆきさんはマッチ棒ぐらい。エレベーターの階数だと、7階で、その高さから舞台を観るということ。そこまで届く音響だけど、音が割れちゃって~(◞‸◟) でも、みゆきさんの生の声を聞けるだけで感動物です。合間のトークは歌とは真逆なテンションは相変わらず。オールナイトニッポンの再現で、あのテーマソングと共に会場からのお便りを読むコーナーはタイムスリップしたみたい。
遠くは四国から駆けつけてきたお客様も。もちろん、朝ドラの「麦の唄」も歌ってくれたけど、おもたーい歌がみゆき節。どっぷり、つかってきましたわ~
 帰り、雪は空振りで、何事もなく帰れました。




 
 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-02-05 14:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

雪で始まる一日

 あんなに暖かかった冬から、一転、本来の冬の一場面の今日。
朝から、どうやって通勤するか、ダンナも娘もパソコン、スマホでおおわらわ。
学校だったら、休校の判断待ってたのに、こんな日もどうにか行かないといけない。
 横浜線が止まったら、万事休すのうち方面。そのうち動き出したものの、どうなることやら。
a0313956_1752196.jpg
天気予報では2013年の1月の雪ぐらいと伝えてたけど、あの忘れもしない、それは雪の成人式の日
振袖の娘をダンナと2人で、まさに手取り足取りでした。


2014年の大雪を思い出せば、それほどではないけれど、雪対応には、慣れません。
a0313956_1843624.jpg

 ヒリンドンも雪でしなだれて、気づくと冬バラが一輪、健気に咲いてました。

 TVのコメンテーターは、ニューヨークでは誰も来ない。取り決めがある訳でなく、自己判断。
日本人は勤勉で真面目だけれど、ITがこんなに発達してるし、こんなに交通マヒしてる時ぐらい無理して行かなくてもと思うのだけど。 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-01-18 18:18 | 自然 | Trackback | Comments(2)

園芸通信web版

 サカタのタネ通信販売の月刊誌、園芸通信が紙媒体が終了して、web版になりました。
そのスタートを記念して、井上まゆ美先生が対談されています。
 オープン記念スペシャル対談 http://sakata-tsushin.com/
 先生のF.B.でご存知の方も多いと思います。
改めて、寄せ植えの基本や魅力がよくわかり、初心に立ち返りました。
もうお一人、藤田 智先生の家庭菜園や野菜の育て方は、畑を始めた私には
為になる事が多かったです。

 園芸通信の月刊誌の紙媒体はなくなりましたが、カタログの「家庭園芸」は年2回から4回になって発行されます。

 今日は宣伝になりました(#^^#)
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-01-09 19:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

七草粥

 昨日は七草粥でした。
実家ではやらなかったので、毎年、きちんと食べている訳ではないのですが、
今年は作ってみました。
a0313956_17481427.jpg

左からセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ
ゴギョウはハハコグサ、ホトケノザはコオニタビラコのことだそうです。
コオニタビラコは田んぼやあぜ道の湿地によく生えているので、この辺では
見かけにくいですが、他のはありそうです。似ているオニタビラコは
花ごよみ調査でよくみかけます。
 畑で葉物を収穫すると、ハコベが混ざってたりして、よけてましたが食べられるって
事ですね。
 お正月のごちそうを食べて疲れた胃腸を休める為だそうですが、確かに、3日前、
お腹をこわしました、私(◞‸◟)
 年末の三日間、いつもしないような慣れない掃除して、
恒例のじじ、ばばと温泉行ってごちそうなら胃腸も疲れるわ~
 慣れない大掃除、ずっとさぼってたガスレンジ、おこげガビガビでお手上げか~と、
オレンジ由来のクリーナーがあるから、ダメ元で、ミカンの汁をこすりつけたら、
落ちてきた!完全ではないけれど、少しはきれいになりました。
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-01-08 18:25 | 自然 | Trackback | Comments(0)

新年のごあいさつ

        明けまして
           おめでとう ございます

a0313956_12501377.jpg
 暖かで穏やかな新年ですね。
昨年、秋の半ばで息切れしてしまったブログですが、
その間、いろんな事してました。

                (養老渓谷 里見家ゆかりの寺 宝林寺干支地蔵 )
 
 渓谷巡りにたまたま2か所、行く機会があって、

 まずは、日本で一番紅葉が遅い養老渓谷
  うち方面から電車で4時間近くかかったけど、時間かけて行った甲斐がありました。
a0313956_12402642.jpg

a0313956_1354843.jpg
 暖冬の影響で、11月下旬でまだ紅葉初め。盛りはこの後。でも例年の紅葉まつりはお彼岸に終わってました。渓流の左脇の道が行列ですが、この日は土曜で、観光バスが次々と止まる有様。私たちはレトロな小湊鐡道でしたが、いつもは一両編成が三両編成で車掌さんのガイド付きでした。


 その10日後、都内の等々力渓谷へ
a0313956_16271534.jpg

等々力駅から数分で、このゴルフ橋が渓谷の入口。この下を通って行くとa0313956_1723281.jpg


谷沢川が侵食して出来た等々力渓谷を散策出来ます。

a0313956_1711296.jpg
少し歩いた渓流沿いのお店でランチ。

a0313956_17112480.jpg
窓からの景色は川にかかる木々。とても都内とは思えない。

a0313956_17243513.jpg

紅葉も程よく、しばらく歩くと等々力不動尊へ
a0313956_17275852.jpg
目線をちょっと変えれば、京都のよう。

a0313956_17292988.jpg

不動尊から反対側が書院建物と日本庭園があります。
a0313956_17372092.jpg

a0313956_1738224.jpg
この芝生で、お弁当食べたり、アルコール持ち込みもOKだそうです。
春、桜の頃、お花見もいいな。


 いろんな事の中で、講座づいてもいました。
農園の「ひそかな苔の愉しみ方講座」3回シリーズの最後はお正月の寄せ植え。
苔も貼ってあるんですよ~ 埋もれてますが・・・
a0313956_19131152.jpg

2回目の苔玉も作りました。写真はデジカメの内蔵メモリーでPCに落とせない・・・

a0313956_20304550.jpg
「小球根を使ったナチュラルガーデニング」
ミニミニアイリス キャサリンホドキン、早咲きグラジオラス フィオナ、オーニソガラム ヌータンスが仕込んであります。

a0313956_19272417.jpg
この2点は地元モリーズガーデンのガーデニング講座。講師は農園のTさん。

a0313956_19305046.jpg
スリットバスケットは久しぶり。エレガンスより花苗の数が少なくて、まあるくするのは意外とむずかしい。マスター取り立ての頃、スリットの方が作りづらいと話してた友人の事が、ようやく理解できました。少しは上達したかな~


 気が多い私は、いつも手あたり次第で結局、中途半端。
今年はいろんな事をもう少し絞って、家の事もね。
 昨年も似たような事言ってたなぁ~
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-01-04 20:28 | 自然 | Trackback | Comments(0)