伊豆高原へ

もう、先月末ですが、伊豆高原の温泉へ骨休めに~

 まずは城ケ崎海岸へ。生憎の曇天で晴れ渡る青空や、遠くに見えるであろう初島はのぞめませんでしたが、久しぶりの海。旅行といったらもっぱら、ガーデン巡りで高原や山の方だったものね。
 
 伊豆半島は今の硫黄島付近の海底火山島がプレートに乗って移動して、本州と衝突して陸地になった特異な地形なんだって。それで、ジオパークになってます。
a0313956_11513580.jpg

 この伊豆高原の城ケ崎海岸は約4000年前、大室山の噴火で溶岩流が海に流れて出来ました。と、「ブラタモリ」風視点。ここは伊豆海浜公園になっていて
やっぱり気になるのは、こんな岩場でも咲いてる花
a0313956_12145814.jpg

 なんだろうね~ 調べがついてません。
 
 これは、まさにハマナスかしら
a0313956_12162618.jpg


a0313956_1118679.jpg
自然研究路のウォーキングコースを歩いて行くと、波に浸食されて出来た深~い穴があったり、
  
a0313956_1947737.jpg
海岸の森は山の森みたいに鬱蒼としていなくて、植生が違うみたい

a0313956_11231654.jpg
ゴールは門脇吊り橋。高さ23mもあって、足元からは海も見えて足がすくみそう。我慢して立ってます。この伊豆半島はプレートの動きで今でも本土に押し込め続けられてるそうです。



 翌日は伊豆高原の名物、大室山へ
宿の目の前が大室山。この日は昨日とうって変わって青空。
a0313956_15311791.jpg


a0313956_14203847.jpg
年に一度の山焼きでこの地形を保ってる山はロープウェイで登ります。

a0313956_15214096.jpg
眼下に広がる伊豆高原を見た後は、お隣の伊豆シャボテン公園へ

a0313956_1423827.jpg
鳥のエリアでは、ネットが張っている中で放し飼いされて、


a0313956_14332753.jpg
カピパラの水遊びも間近で見られます。


 もちろん、シャボテン公園というだけあって、多肉やサボテンの温室はいくつもあって
a0313956_1442148.jpg


 通路でつながれて、最後まで見ないと出れない仕組み。
a0313956_14431541.jpg


a0313956_1445262.jpg
 最後の温室が、「シャボテン狩り工房」
たくさんの多肉やシャボテン(サボテンと言わないのに合わせて)が植えられてて、自分で好きな物を掘って、鉢を選ぶと寄せ植えにしてくれます
そう、作ってくれるの。


a0313956_14571657.jpg
ここが観光客向き。私は、自分で作りたいから、寄せ植えにしないで単独で植えてもらいました。店員さんは慣れてて、早かったワ~



 伊豆高原は電車で2時間ぐらいで来れちゃうし、観光場所がコンパクトに点在してるので、レンタカーが便利。ペット連れで大室山のロープウェイに登ったり、ペットと入れるお店もいくつもあって、あるカフェは「犬のトイレ」と書いてあって、中はどうなっているんだろ~ねと話しながら車で通りすぎ ました。
 オープンガーデンをしているお家も17軒あって、事前連絡すれば見せてもらえる。今回は行けなかったけれど。
 海の幸、魚は回転ずしでも新鮮でおいしかった。
 熱海の先で伊豆半島の中間だから、見落としがちな観光地だけれど、近場でのんびりするにはちょうどいいな。 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-06-22 15:29 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

 もう、梅雨入りしたし、今更、国バラでもないのだけど、
続きを終わらせてしまいます。

 最終日、ハンギング以外を見に再来場。

 まずは、ガーデンコンテスト。毎回、考え抜いたアイデアとセンスあふれる作品が多い中、どうしても気になるのは、学校で勉強中の生徒さんの作品。
年々、増えている気がするし、作品も、きっと限られた予算の中で完成度が高くなっているように思うのです。私が言うのもなんですが・・・

 入賞 「バラと暮らす18年~everyday life~」熊谷農業高校プロジェクトチーム
a0313956_16434874.jpg


入賞 「Avec gratitude~感謝を込めて~」中央工学校
a0313956_188160.jpg


 入賞 「夢がはばたく瞬間」群馬県立藤岡北高校ガーデニング部
a0313956_16512462.jpg

 ガーデナーからの一言として
「”勇敢に進みなさい 彼女のペンだけでなく私たちの心を動かしたのです。
アトリエのミシンで、彼女は夢を形にする。~~ここから始まる物語を皆さんも楽しんでください。」と、誰かの言葉をモチーフに
庭にミシンが置いてあり、トルソーに飾られたた縫いかけのウエディングドレスがあって、夢にまっすぐ進む生徒さん達の姿が思い浮かびます。

入賞 「秘密の庭」中央農業高校
a0313956_17451362.jpg

 女子生徒が多いとカントリー調っぽい作風が多くなる中、
こちらは男子生徒が多いせいか、男の子らしく雑木を多く使って、
中には秘密基地でもあるみたい。

入賞 「内緒(秘密)の裏庭」 埼玉県立いずみ高等学校
a0313956_17525854.jpg


a0313956_17535335.jpg
ガーデンコンテストで上の賞を取っている庭は盛り込み過ぎず、デザインを引き算して考える事なのかなと思うのだけど、ここはそのように感じます。手作りっぽい、このはしごや棚は、うちにも欲しいな。


 生徒さん達が一つの事に打ち込む様子は、清々しくて応援したくなってしまいます。
高校野球の甲子園大会に似てるかな。

 その他、私が気になった、プロの人達が手掛けた素敵な庭の数々。
大賞 「小屋とにわとりと青空」
a0313956_22182141.jpg

石組みやその植え込みはいい感じで、みんな、こんな庭が作りたいんでしょ⁉って言われてるよう。

特別賞 「庭で暮らして時が経ち」
a0313956_2221436.jpg

「小屋とにわとりと青空」が若い女性が作った庭ならば、その庭で家族が増え、子どもが巣立った年を重ねた二人の庭がこの庭のように思える。庭は終わりがなくて変わっていくものとわからしてくれる。

特別賞 「コンテナガーデンー庭の積み木 Garden Bricksー」
a0313956_22264337.jpg

 小さな庭で目いっぱい空間を使えたらという希望的観測。

a0313956_22294795.jpg
 左側の空間はフレンチ
アンティークな小部屋があって


a0313956_2232744.jpg
窓にはアンティーク色の
ハンギングが飾られていて


a0313956_22334751.jpg
その部屋の裏は滝のような、水の演出。


a0313956_22351997.jpg

 テーマは記録し忘れ。奥の黒い板塀のうらに入れて座れます。なぜかひんやりしていてドームの喧騒も遠くに感じる空間でした。

特別賞 「お庭の中で子供と一緒に遊ぶ空間❝studying plant❞」
a0313956_22394849.jpg

すべてが子どもサイズでおままごとみたい。

 そして、再来場したもう一つのワケは、
吉谷桂子さん著作「庭の色」にサインをもらう事。
a0313956_22563842.jpg
この頃、本にサインしてもらうのが習慣というか、趣味になってきた。


a0313956_22592615.jpg
 写真も一緒にパチリ。サインを書いてもらっている間、何か話そうとしたけれどお礼しか言えなかった意外なワタシ。


 やっぱり、「TIME TO SAY GOODBYE」が流れてきてから帰りました。
今年は17時台のシャトルバスは立川まで行ってくれて乗り換えが楽になりました。
 
 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-06-06 23:33 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

 時折、夏の日差しもあって、初夏の陽気。
梅雨までのさわやかなこの時期を楽しみたい。
その楽しみの一つ、先週閉幕した、国際バラとガーデニングショウ。
ハンギングコンテストでは、農園のスタッフさんが4名入賞して、すぐにでも
見たくて、時間の合間をぬって行ってきました。
 
 最優秀賞「オルレアンの乙女」 農園の園芸王子(⁉)のTさん
 木物やヒューケラの解体苗を自分で育てて、使っているようですよ。
ハンギングを作っているほとんどの人が直面する思い、解体苗の行き場。
やはり、植物ですから季節が過ぎていけば、ダメになっていくものもあり、所々、
形がくずれ、見た目が悪くなれば解体するしかありません。フラワーアレンジメントに
近い感覚ですね。でも、切り花と違って宿根草は残る訳です。
しかも、横に植わってたのですから、草姿も曲がっちゃってる。
そういう苗がどんどんたまっていき、植物に申し訳ないなぁ~という思いになり、
それが、ストレスというか、引っかかったままになるんです。
ハンギングを作ることにも?がわいてきたリ、そこと折り合いをつけながら、
みなさん、コンテストに取り組んでると思います。Tさんもそういう思いがあったのでしょう。
 きちんと時間をかけて育てた苗を使えると、見事に証明してくれました。
a0313956_11423170.jpg


 優秀賞「Saint-Paulの路地裏に」農園スタッフKu-ちゃん
 背景の枝物にツルをからませて、ハンギングの植え込みとの絶妙なバランス。
ほっ~とため息が出るくらい心惹かれます。
a0313956_1233290.jpg


 特別賞「Felicitations!~おめでとう~」農園スタッフTさん
 サイズの違う板の組み合わせやウォッシュで塗っている微妙な色合いの背景と、
ハンギングのペチュニアのくすんだ色使いの組み合わせ、Tさんのセンスが光ります。
この色の組み合わせは私には思いつかない。
a0313956_1295321.jpg


 入賞「フラワーフェアリーズ~絵本の世界を飛び出して~」農園スタッフOっちー
 造作の腕を常にみがいて背景作りに生かしている、コンテストの度にどんな作品かとっても楽しみ。背景は絵本に見立てて、右下は写真ではよくわからないけど立体的にページがめくれている感じ。アリスの絵本にも見えて、アリスが迷い込んだお茶会の野原のイメージかな~
a0313956_12213476.jpg


 ハンギング仲間のみんなの力作
 
 「Peace of Paris」 Fさん 横浜のフラワー&ガーデンショウに引き続いての出品。
 ハンギングが似合いそうなパリの街。おしゃれな街には争いは似合わない。
いつも背景には作品のイメージのワンポイントがあります。右下はエッフェル塔かな。
a0313956_1243431.jpg


 「My Birthday」 園芸科の同窓生でもあるAさん。フラワー&ガーデンショウに引き続いての出品 以外にも、国バラは初出場だそう。テーマカラーがはっきりしてる。YEGは黒、フラワー&ガーデンショウは白、今回は薄紫。
a0313956_14242199.jpg

 
 「My little days」農園スタッフJちゃん
 かごにいっぱいの花摘みのイメージ。下の方にとうかごがついてます。
子どもの頃、野原でシートをひいて花摘みしている思い出。
a0313956_14294472.jpg


 「風の唄」 入賞 農園の生徒さん Kさん
 新潟に続いての受賞かな。一つ一つの花が生き生きしてて、それぞれのポジションにおさまっているというのかな。きれいにまとまっていて、私はごちゃごちゃしちゃうから、こんなふうに作ってみたい。
a0313956_14361578.jpg


 「パリの空の下で」 農園スタッフ R子さん
 パリってこんな雰囲気って思う。行った事ないけど。やっぱり、パリはおしゃれで、パリジェンヌがフランスパンを小脇に抱えて歩いてる街。
a0313956_14432250.jpg


 「想いをのせて」 農園の卒業生 Yっこはん
 フラワー&ガーデンショウのガーデン部門では金賞を受賞され、それに引き続いての出品。
バイタリティーと根気がなければできません。いろいろな思いが込められているのかな。
a0313956_1449523.jpg


 「Show Windowで笑むブーケ」 農園の大先輩、Kさん
 背景はご自分で編まれたのだと思う。グリーンアドバイザーとして、各イベントではいつもお手伝いをされています。
a0313956_15112524.jpg


 「晴れ舞台」 オランダ会(オランダ花の旅で一緒だった)の川さん
 しばらく、ハンギングから遠ざかっていて、どうしているのか気になってました。
復活の「晴れ舞台」です。
a0313956_16254642.jpg


  特別賞「私色で進もう」 マスター同期のSさん
 Sさんらしいテーマ。一歩一歩、着々とまさに私色でハンギングに取り組んでこられた姿勢が伝わります。ルブスのレモンイェローが「私色で進もう」というさわやかさと重なります。
a0313956_16345497.jpg


 「Fleuriste de Paris」 農園の生徒さんIさん。
 前述のSさん、Aさんと平塚3人娘と先生はそう呼んでいる実力のある3人。
a0313956_16432588.jpg

 
 「amour~思い出の色を被ねて~」 農園の生徒さんYさん
 昨年、大賞を受賞された実力派。背景はいつも立体的で手がこんでいます。
a0313956_16494766.jpg


 「Japanesque」 Aさちゃん
 日比谷二連覇、フラワー&ガーデンショウでは金賞、ふわっと丸いハンギングは人柄そのもの。
a0313956_16532679.jpg


  入賞「緑さす森」 マスター同期のIさん
 昨年に続いての二連覇。園芸店にお勤めして、ちっちゃなお子さんの子育てをしながらコンテストにも参加して、その情熱の賜物です。お店で作られるハンギングや寄せ植えもシックな色合いで素敵。Iさん的には「腹黒カラー」と称していますが、そんな腹黒なら歓迎だワ
a0313956_1711096.jpg


 今回、多かったのはハンギング専用のバスケットを工夫したり、専用器材を使わずに自作した、オリジナリティーあふれる作品でした。

 「Peace of Maind No.9」みわさん 
 オリジナリティーで勝負の先駆者的なPeace of Maindさん。国バラ出品、9作目ということです。
a0313956_1748137.jpg


 「Paris16区の窓」
 この背景の窓枠の向こうの部屋の様子まで作りこんである所に感心しました。
そして、多かったのは、パリやフランスをモチーフやテーマにした作品でした。
このブログを書いてて気づきました。パリの出来事は皆、それぞれに受け止め、平和でないとできないガーデンショウでの静かなシュプレヒコールなのかもしれません。
 
a0313956_1804323.jpg


 「気球に乗ってどこまでも」
a0313956_21145041.jpg


 「学生時代」
a0313956_2116141.jpg


 入賞「夢を乗せて」
a0313956_2118887.jpg


 「Succulent in Wall」
a0313956_21204157.jpg


 「ミニチュアの森~Foret de la miniature~」
a0313956_2125938.jpg


 「青い鳥」
a0313956_21262578.jpg


 「農業女子高生の日常」
a0313956_21283113.jpg


 「Fairy tale」
a0313956_21311548.jpg


 「FHCⅠ(Flame Hanging Container Ⅰ型)
a0313956_21365630.jpg


 「にやにやっとにゃんこなPartyだよ」
a0313956_21385831.jpg


 「森からのてがみ」
a0313956_21404347.jpg


 「FULL BLOSSOM」
a0313956_21421877.jpg


 「杜へ行ったら!!」
a0313956_21433223.jpg


 「ジュリアン ソレル」
a0313956_21445813.jpg


 吊り型ハンギングも、例年以上にレベルの高い作品でした
 ハンギング部門 大賞
a0313956_21481754.jpg


 「MIYAMA NO SYOKA(深山の初夏)~Japanese spriti and soil」
 YEG、フラワー&ガーデンショウと続くシリーズは今回は吊りタイプ。ご自分のスタイルを貫き、表現する事は、ガーデニングの域を超えたアーティスッティクな感覚。
a0313956_2157770.jpg


 「フレンチアンティーク」
 園芸ガイドで連載されてたCHIROさんの作品。
a0313956_2211175.jpg


 最優秀賞「Joyful、joyful~歓喜の歌~」
a0313956_226235.jpg


 優秀賞「風薫る」
a0313956_2273866.jpg


「微笑みの中で」
 私が吊りタイプで一番好きな作品。
a0313956_2233511.jpg


ハンギングを観るだけで終了時間。また、ゆっくりと来るつもりで、どうしても見たかったからそれで満足。

 再来場に続く~
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-05-27 22:22 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

次々に咲いてきた

 小さな庭に唯一のつるバラ、レディ ヒリンドン。
初めての剪定と誘引は、私のバラの先生、なみちゃんにアドバイスしてもらったり、村田晴夫さんの本とにらめっこしながらの出来栄え。思い描いた通りに咲くのかも疑心暗鬼で、ようやく答えがわかった感じ。

朝、雨戸を開けると見えるのがこの風景、リビングにも向いてくれて、これは嬉しい計算外。
a0313956_1645626.jpg

 
a0313956_1612124.jpg
 
膨らんでた芽が揃って伸びて、その先に花を咲かせるって事を実感しました。これを想像しながら剪定するって事なのね。

a0313956_16154735.jpg

 うつむき加減に咲いて、みんな私を見てくれて、小さな庭にピッタリ。

a0313956_16175573.jpg


a0313956_1619837.jpg

パーゴラの足元に定番のエリゲロン。咲き始めは白ばかり。咲き進むとピンクになってきて、ようやくエリゲロンらしくなってきた。

a0313956_1622033.jpg

秋に作った小球根の寄せ植え。第2弾のオーニソガラム ヌータンスが開花。

a0313956_16274214.jpg
 早春のミニミニアイリス キャサリンホドキンが第1弾
最後は早咲きグラジオラス フィオナが咲くのだけど、盛り沢山にしすぎたかな。


 お隣の駐車場にまたマツバウンナンソウが咲きました。
一昨年に咲いていて、うちの庭にも来ないかなとブログに書いてました。
そしたら、ついに一株だけ庭にやってきてました。花が小さくて、写真はピンぼけでお見せ出来ませんが。
a0313956_16482237.jpg

昨年は咲いてなかったんだ~

a0313956_178728.jpg
 そのかわりというわけではないけれど、玄関脇にはいつの間にかムラサキケマンが咲いたのに今年はなくなったし、家の周りでは白いタツナミソウをあちこちで見かける。


 野の花はきまぐれなのね。と思うのは私の勝手ね。ただ、咲きたい時に咲いているだけだもの。
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-05-10 17:15 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

 春はかけめぐり、次々と花は咲き、若葉がまぶしい季節。

 GW恒例の南大沢のハンギングコンテスト。
正式には第18回フラワーフェスティバル由木 春の南大沢ガーデニングショー
ハンギングバスケットの他に、指定のコンテナでつくるコンテナガーデンコンテストもあります。

 では、受賞作品
マスターの部       「八王子市長賞」
a0313956_16404974.jpg


「一般社団法人日本ハンギングバスケット協会理事長賞」
a0313956_16433393.jpg


             「優秀賞」
a0313956_16444728.jpg


             「優秀賞」
a0313956_16461836.jpg

 農園の昨年マスターを取られた生徒さん

              「優秀賞」
a0313956_17544591.jpg



一般の部         「八王子市長賞」
a0313956_16523472.jpg


       「一般社団法人日本ハンギングバスケット協会理事賞」
a0313956_16592586.jpg


「公益財団法人八王子学園都市文化ふれあい財団理事長賞」
a0313956_1731461.jpg


              「優秀賞」
a0313956_1741486.jpg


              「優秀賞」
a0313956_1754392.jpg


               「市民賞」
a0313956_1772036.jpg


私が好きな作品
a0313956_1783749.jpg

散りやすいぺラルゴをうまく使って、花をこの時期に合わせて咲かせ、今年の新種バーベナ ラナイ ヴィンテージウォッカは人気で、私も使いたかった種類。このニュアンスカラーと赤の組み合わせやトリフォリウム バニーズやグリーンの色合わせが好き。

a0313956_17322440.jpg

ニゲラ グリーンマジックを使うと雰囲気が違う。上手く使わないと地味になりがちな難しい花材だけど、使ってみたい。

で、私の作品
a0313956_17375928.jpg

毎度の事ながら、家ではまずまずと思っても、搬入してアラが見えすぎて打ちのめされる。
搬入の日は、久しぶりの雨で、翌日は風が強く、そして、一昨日の強風。
駅前のデッキは過酷な環境。もう、ボロボロかも~ 明日が搬出。

 ここ南大沢は八王子市。ダンボールコンポストに力を入れてて、改札前の花壇はダンボールコンポストを使って花を育てています。

 春のガーデンイベントも佳境に入り、次は国際バラとガーデニングショウ
山も春爛漫、畑も種まき。外が気持ちのいい季節。
 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-05-05 17:58 | ハンギングバスケット | Comments(1)