「ほっ」と。キャンペーン

次々に咲いてきた

 小さな庭に唯一のつるバラ、レディ ヒリンドン。
初めての剪定と誘引は、私のバラの先生、なみちゃんにアドバイスしてもらったり、村田晴夫さんの本とにらめっこしながらの出来栄え。思い描いた通りに咲くのかも疑心暗鬼で、ようやく答えがわかった感じ。

朝、雨戸を開けると見えるのがこの風景、リビングにも向いてくれて、これは嬉しい計算外。
a0313956_1645626.jpg

 
a0313956_1612124.jpg
 
膨らんでた芽が揃って伸びて、その先に花を咲かせるって事を実感しました。これを想像しながら剪定するって事なのね。

a0313956_16154735.jpg

 うつむき加減に咲いて、みんな私を見てくれて、小さな庭にピッタリ。

a0313956_16175573.jpg


a0313956_1619837.jpg

パーゴラの足元に定番のエリゲロン。咲き始めは白ばかり。咲き進むとピンクになってきて、ようやくエリゲロンらしくなってきた。

a0313956_1622033.jpg

秋に作った小球根の寄せ植え。第2弾のオーニソガラム ヌータンスが開花。

a0313956_16274214.jpg
 早春のミニミニアイリス キャサリンホドキンが第1弾
最後は早咲きグラジオラス フィオナが咲くのだけど、盛り沢山にしすぎたかな。


 お隣の駐車場にまたマツバウンナンソウが咲きました。
一昨年に咲いていて、うちの庭にも来ないかなとブログに書いてました。
そしたら、ついに一株だけ庭にやってきてました。花が小さくて、写真はピンぼけでお見せ出来ませんが。
a0313956_16482237.jpg

昨年は咲いてなかったんだ~

a0313956_178728.jpg
 そのかわりというわけではないけれど、玄関脇にはいつの間にかムラサキケマンが咲いたのに今年はなくなったし、家の周りでは白いタツナミソウをあちこちで見かける。


 野の花はきまぐれなのね。と思うのは私の勝手ね。ただ、咲きたい時に咲いているだけだもの。
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-05-10 17:15 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

 春はかけめぐり、次々と花は咲き、若葉がまぶしい季節。

 GW恒例の南大沢のハンギングコンテスト。
正式には第18回フラワーフェスティバル由木 春の南大沢ガーデニングショー
ハンギングバスケットの他に、指定のコンテナでつくるコンテナガーデンコンテストもあります。

 では、受賞作品
マスターの部       「八王子市長賞」
a0313956_16404974.jpg


「一般社団法人日本ハンギングバスケット協会理事長賞」
a0313956_16433393.jpg


             「優秀賞」
a0313956_16444728.jpg


             「優秀賞」
a0313956_16461836.jpg

 農園の昨年マスターを取られた生徒さん

              「優秀賞」
a0313956_17544591.jpg



一般の部         「八王子市長賞」
a0313956_16523472.jpg


       「一般社団法人日本ハンギングバスケット協会理事賞」
a0313956_16592586.jpg


「公益財団法人八王子学園都市文化ふれあい財団理事長賞」
a0313956_1731461.jpg


              「優秀賞」
a0313956_1741486.jpg


              「優秀賞」
a0313956_1754392.jpg


               「市民賞」
a0313956_1772036.jpg


私が好きな作品
a0313956_1783749.jpg

散りやすいぺラルゴをうまく使って、花をこの時期に合わせて咲かせ、今年の新種バーベナ ラナイ ヴィンテージウォッカは人気で、私も使いたかった種類。このニュアンスカラーと赤の組み合わせやトリフォリウム バニーズやグリーンの色合わせが好き。

a0313956_17322440.jpg

ニゲラ グリーンマジックを使うと雰囲気が違う。上手く使わないと地味になりがちな難しい花材だけど、使ってみたい。

で、私の作品
a0313956_17375928.jpg

毎度の事ながら、家ではまずまずと思っても、搬入してアラが見えすぎて打ちのめされる。
搬入の日は、久しぶりの雨で、翌日は風が強く、そして、一昨日の強風。
駅前のデッキは過酷な環境。もう、ボロボロかも~ 明日が搬出。

 ここ南大沢は八王子市。ダンボールコンポストに力を入れてて、改札前の花壇はダンボールコンポストを使って花を育てています。

 春のガーデンイベントも佳境に入り、次は国際バラとガーデニングショウ
山も春爛漫、畑も種まき。外が気持ちのいい季節。
 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-05-05 17:58 | ハンギングバスケット | Comments(1)

春はイベントが目白押し

 日本フラワー&ガーデンショウは横浜開催で、大盛況のうちに終了。
ガーデニングコンテストはハンギングだけでなく、ミニガーデン部門とコンテナガーデン部門もありました。

 コンテナガーデン部門     金賞 「なごみのひととき」
a0313956_1171812.jpg


                銀賞 「ガーデンカフェへようこそ」
a0313956_11513628.jpg

 農園の卒業生 Yっこはん 第1回の奨励賞に続いての受賞。昨年の日比谷のコンテナコンテストでは農林水産大臣賞を受賞された実力の持ち主。 
こんなカフェがあったらつい入りたくなると誰もが思えるコンテナは、オーディエンス賞も受賞。

                銅賞 「私のシアワセ時間」
a0313956_11534047.jpg


 
                奨励賞 「森のほほえみ」
a0313956_11545369.jpg


 私の好きな作品を2点
                「季節つむぐ」
a0313956_1156292.jpg

 農園のスタッフ、Tさんの作品。黒花ロウバイ、斑入りノリウツギ、左後ろのシックな赤はオージープランツのカンガルーポーだったかな。フロックスやペチュニアのニュアンスカラーでまとめて、こんな色使いは私のあこがれ。


                「大きくなあれ!」
a0313956_11575916.jpg

 こんな大きな多肉植物と、フランネルフラワーなどの花との組み合わせ。
メッセージには、7か月のお孫さんの目を見張る成長と、これからの心豊かな成長の願いが込められています。


 ミニガーデンコンテストで、一番好きだった作品
                「スプリング ドーム」
a0313956_1213934.jpg


 先週末は、日本ホビーショーへ。毎年、たった3日間の開催のこの時期、ガーデニングの事と重なって、ずっと行きそびれてました。
今回はどうしても行きたくて、最終日の残り2時間にすべり込み。
敬愛するトールペイントの川島詠子先生の新刊本が発売されたんです。
a0313956_0451524.jpg

先生のオリジナル商品のシルクスクリーンも販売され、 

a0313956_0485091.jpg
サインも頂きました!

 
a0313956_0522926.jpg
先生とツーショット。
講座から4年も経っているのに、名前を覚えていてくださって、いつも謙虚でかわいらしい先生。


ホビーショーはあらゆる手作りの展示即売があって、
ワークショップも目移りするほど。
3日間、通しで入館出来て、1日ワークショップで過ごせそう。
手作り好きにはたまらない。
2時間しかいられなかったのはもったいなかった~

春真っ盛り、ガーデニングイベントはまだまだ続くー




 

 
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-05-04 21:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

 24日まで、パシフィコ横浜で開かれている日本フラワー&ガーデンショウ。
今年で26回のこのイベント。1回目か2回目に確か行った記憶が・・・
幕張メッセでやるようになってから足が遠のいてましたが、今回横浜開催で、ガーデニングコンテストの、ハンギングバスケット部門に参加しました。
 まだ、コンテストは昨年から始まったばかりで、参加ハンギングは28基。全部ご紹介します!

 まずは受賞作品

           金賞 「shabby chic」 
a0313956_2191169.jpg

農園スタッフだったAちゃんの作品。
日比谷のコンテスト、都知事賞2連覇に次いでの受賞。

           銀賞 「春の花壇」
a0313956_2113924.jpg

私とマスター同期の農園の生徒さん。園芸科の同窓生でもあるAさん。
昨年の横浜イングリッシュのコンテストに引き続いての受賞。

           銅賞 「嫁ぐ娘に」
a0313956_2116437.jpg

昨年マスターを取られた農園の生徒さん。

           奨励賞 「春の陽だまり~フラワーコーラス~」
a0313956_21211122.jpg

私のお隣で、二人で最後まで設置してました。周りのツル植物はツルマサキ。
ぐるっと上手に回してあります。

ここからは皆さんの力作
           「爽香の季節」
a0313956_21292233.jpg

都立農業高校 園芸科の生徒さん5人の作品。
タイトルはなんて読むのかな。高校生らしくて、若い人達がコンテストに
チャレンジする姿が清々しい。応援したくなります。

      「❝春光うららかな季節、いかがおすごしですか❞」
a0313956_21394847.jpg


            [花、薫る」
a0313956_2374522.jpg

 農園の生徒さんの作品

          「ほっこり」
a0313956_23112190.jpg

 昨年、マスターを取られた農園の生徒さん。

       「妖怪の五感・楽園」
a0313956_23144533.jpg


          「あめだま」
a0313956_2316428.jpg

元農園スタッフのMちゃん。

        「クラシックメロディー」
a0313956_2318346.jpg

私のお隣で、木材でしっかりとした素敵な背景で声をかけてしまいました。
昨年マスターを取られたそうです。背景は2つ作られてて、DIYが得意だそうです。

          「花香る春」
a0313956_2324454.jpg

農園の生徒さん。

         「いってらっしゃい」
a0313956_23271359.jpg


         「Very Berry」
a0313956_14126.jpg

農園の生徒さん Fさん
シックな色合いのFさんカラー 花材は自分で見つけて作られたそう。

         「花華祭」
a0313956_23351297.jpg

農園の生徒さん

          「春の訪れ」
a0313956_2337955.jpg

農園の生徒さん。お花屋さんの男性で、農園では女性がなかなか選ばない大胆でセンスのある組み合わせのハンギングを作っていました。

           「春風に吹かれて」
a0313956_23503197.jpg

昨年マスターを取られた農園の生徒さん。

  「MIYAMA NO HARU(深山の春)Japanese Spirit and Soil」
a0313956_23551072.jpg

ワイヤーバスケットで作られています。盆栽のようなデザインはなかなかバランスが難しそう。

           「春うらら」
a0313956_213330.jpg

農園の生徒さん
     
           「ベリー♥ハッピー♥鈴なり♪」
a0313956_124327.jpg



           「春うらら」
a0313956_083648.jpg

農園の生徒さんのKさん。昨年はコンテスト会場で会えずじまいでしたが、先日、久しぶりに農園でお会いできました。

          「Thank You」
a0313956_024949.jpg


           「風光る」
a0313956_0114745.jpg

昨年マスターを取られた農園の生徒さん

           「花の道しるべ」
a0313956_0125730.jpg

昨年マスターを取られた農園の生徒さん。昨年のイングリッシュガーデンでは横浜イングリッシュガーデン賞とオーディエンス賞、会期中のふなばしアンデルセン公園では船橋市長賞を取られています。

          「淡優花」
a0313956_0251746.jpg


       「春色の風の中で」
a0313956_027461.jpg

 私。 春らしい色といったら桜と菜の花のピンクと黄色。そのイメージで作ってみました。

 半分以上が農園出身者。まだ規模が小さいコンテストだけど、親しみやすさを感じます。
写真がヘタで、実物の良さを伝えてないかも。日曜までの開催なので足を運んでみてください。
私には珍しく、タイムリーな記事になりました~(^-^;
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-04-23 01:12 | ハンギングバスケット | Trackback | Comments(4)

 桜が終わると、春も後半戦。

 まだ、春がこっそりと足をしのばせていた3月中旬、
ようやく、見ごろの赤目のハナネコノメに会いに行きました。
ひとつ季節前のような気もしますが、ようやく会えたのはついこの間のよう。 

 花友なみちゃんに誘われて、奥多摩へ。
なみちゃんのブログでハナネコのかわいさを知ったその場所です。
案内してくださったのは青梅の自然をこよなく愛しているsizukuさん。

 駅を降りて、すぐにお目見えしたのはイヌグス(タブノキ)の巨樹。
a0313956_833714.jpg

 幹はきれいに苔むしていて、ここの主神さまのよう。

 a0313956_93281.jpg
前日に雨が降り、まだ、春の暖かさには程遠かったこの頃、山にはうっすらと雪。


a0313956_9331414.jpg
 駅から少し歩くと人家がまばらな中に、ここの氏神様なのかな、当たり前のように里山の中に鳥居があるところが、自然への畏敬の念を感じます。


a0313956_918429.jpg
 人家の石組みには、ウンナンオウバイがゆったりとしだれて、

a0313956_9262826.jpg
 いい塩梅にしだれ梅は、ベストアングル。

a0313956_12224791.jpg
自然のなかに溶け込んだ人里を歩ていくと、段々の滝がお目見え。
紫のシソ科っぽい花がつい気になって、パシャリ。
カキドオシa0313956_12265681.jpg

a0313956_12372887.jpg
すると、小さな沢に出ました。


a0313956_10474454.jpg
カンスゲ? ナルコスゲ? この穂の感じ、庭にいいな~と思うけど、沢のような水が流れるところの植物.。 〈4/17追記〉タヌキランとコメントで教えてもらいました。乾燥し過ぎない所なら庭でも育てられるそう。

沢を降りて行くと、きれいな流れの岩に
a0313956_1239103.jpg

咲いていました! 赤目のハナネコちゃん

a0313956_12514473.jpg

曇ってて閉じ気味の中に、すこぉし開いて赤目をのぞかせてました。
a0313956_1301185.jpg

a0313956_1245537.jpg


コチャルメルソウとハナネコノメ、コチャルメルソウはホント、ちっちゃくてピントが難しい。
a0313956_1114146.jpg

a0313956_1185548.jpg
sizukuさんが長靴を持ってきてくれていて、それを借りて沢の中へ。前日の雨で水かさが増えているそう。

a0313956_11121430.jpg
この岩にちょこちょことハナネコちゃんがいます。

a0313956_1115795.jpg


a0313956_11161962.jpg

このハナネコにsizukuさんの声かけで集まった12人。足場が悪いのに、離れがたくどれくらいいたんだろう~

ようやく別れを告げて、来た道を戻るとコチャルメルソウの群落
a0313956_11271271.jpg

a0313956_1130435.jpg
 

a0313956_21232574.jpg
道すがらに、フクジュソウの群落

a0313956_21245874.jpg
苔むした石がごろごろ。崖をくずした時の石をそのまんまにしてるみたいだけど、自然ないい感じ。

a0313956_2158225.jpg
お昼は、趣のあるお蕎麦屋さん「丹三郎」さんへ 

a0313956_21351774.jpg
「丹三郎屋敷長屋門」東京都選定歴史的建造物

sizukuさんが予約をしてくれて、待ってる人もたくさんいたけど、すぐにはいれました。店内はお屋敷の間取りのままで、和室にこたつ。
a0313956_2143547.jpg

そばがきってこんなにおいしかった!? せいろは半分ずつ出てきて味わって食べました。
私はどっちかというと、うどん派なんだけど、ここは絶品。そばゆもいつもは飲まないけど、ごくごく飲むほどおいしかった。

a0313956_22301783.jpg
帰る途中、青梅のおしゃれなカフェ「ティールーム」さんへ
川べりの自宅とカフェにステキな御庭

a0313956_22421025.jpg

a0313956_22345621.jpg


a0313956_2238733.jpg
寄せ植えがさりげなくておしゃれ。

a0313956_2243189.jpg

a0313956_2254747.jpg
皆それぞれ違うティーカップ、ウエットティッシュにはお庭の花が添えられて。

a0313956_2384213.jpg

赤目のハナネコに美味しいお蕎麦とおしゃれなカフェ。
盛りだくさんの1日でした。
[PR]
# by toraneko-nyao | 2016-04-14 23:14 | 自然 | Trackback | Comments(6)