「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

伊豆高原へ

もう、先月末ですが、伊豆高原の温泉へ骨休めに~

 まずは城ケ崎海岸へ。生憎の曇天で晴れ渡る青空や、遠くに見えるであろう初島はのぞめませんでしたが、久しぶりの海。旅行といったらもっぱら、ガーデン巡りで高原や山の方だったものね。
 
 伊豆半島は今の硫黄島付近の海底火山島がプレートに乗って移動して、本州と衝突して陸地になった特異な地形なんだって。それで、ジオパークになってます。
a0313956_11513580.jpg

 この伊豆高原の城ケ崎海岸は約4000年前、大室山の噴火で溶岩流が海に流れて出来ました。と、「ブラタモリ」風視点。ここは伊豆海浜公園になっていて
やっぱり気になるのは、こんな岩場でも咲いてる花
a0313956_12145814.jpg

 なんだろうね~ 調べがついてません。
 
 これは、まさにハマナスかしら
a0313956_12162618.jpg


a0313956_1118679.jpg
自然研究路のウォーキングコースを歩いて行くと、波に浸食されて出来た深~い穴があったり、
  
a0313956_1947737.jpg
海岸の森は山の森みたいに鬱蒼としていなくて、植生が違うみたい

a0313956_11231654.jpg
ゴールは門脇吊り橋。高さ23mもあって、足元からは海も見えて足がすくみそう。我慢して立ってます。この伊豆半島はプレートの動きで今でも本土に押し込め続けられてるそうです。



 翌日は伊豆高原の名物、大室山へ
宿の目の前が大室山。この日は昨日とうって変わって青空。
a0313956_15311791.jpg


a0313956_14203847.jpg
年に一度の山焼きでこの地形を保ってる山はロープウェイで登ります。

a0313956_15214096.jpg
眼下に広がる伊豆高原を見た後は、お隣の伊豆シャボテン公園へ

a0313956_1423827.jpg
鳥のエリアでは、ネットが張っている中で放し飼いされて、


a0313956_14332753.jpg
カピパラの水遊びも間近で見られます。


 もちろん、シャボテン公園というだけあって、多肉やサボテンの温室はいくつもあって
a0313956_1442148.jpg


 通路でつながれて、最後まで見ないと出れない仕組み。
a0313956_14431541.jpg


a0313956_1445262.jpg
 最後の温室が、「シャボテン狩り工房」
たくさんの多肉やシャボテン(サボテンと言わないのに合わせて)が植えられてて、自分で好きな物を掘って、鉢を選ぶと寄せ植えにしてくれます
そう、作ってくれるの。


a0313956_14571657.jpg
ここが観光客向き。私は、自分で作りたいから、寄せ植えにしないで単独で植えてもらいました。店員さんは慣れてて、早かったワ~



 伊豆高原は電車で2時間ぐらいで来れちゃうし、観光場所がコンパクトに点在してるので、レンタカーが便利。ペット連れで大室山のロープウェイに登ったり、ペットと入れるお店もいくつもあって、あるカフェは「犬のトイレ」と書いてあって、中はどうなっているんだろ~ねと話しながら車で通りすぎ ました。
 オープンガーデンをしているお家も17軒あって、事前連絡すれば見せてもらえる。今回は行けなかったけれど。
 海の幸、魚は回転ずしでも新鮮でおいしかった。
 熱海の先で伊豆半島の中間だから、見落としがちな観光地だけれど、近場でのんびりするにはちょうどいいな。 
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-06-22 15:29 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

 もう、梅雨入りしたし、今更、国バラでもないのだけど、
続きを終わらせてしまいます。

 最終日、ハンギング以外を見に再来場。

 まずは、ガーデンコンテスト。毎回、考え抜いたアイデアとセンスあふれる作品が多い中、どうしても気になるのは、学校で勉強中の生徒さんの作品。
年々、増えている気がするし、作品も、きっと限られた予算の中で完成度が高くなっているように思うのです。私が言うのもなんですが・・・

 入賞 「バラと暮らす18年~everyday life~」熊谷農業高校プロジェクトチーム
a0313956_16434874.jpg


入賞 「Avec gratitude~感謝を込めて~」中央工学校
a0313956_188160.jpg


 入賞 「夢がはばたく瞬間」群馬県立藤岡北高校ガーデニング部
a0313956_16512462.jpg

 ガーデナーからの一言として
「”勇敢に進みなさい 彼女のペンだけでなく私たちの心を動かしたのです。
アトリエのミシンで、彼女は夢を形にする。~~ここから始まる物語を皆さんも楽しんでください。」と、誰かの言葉をモチーフに
庭にミシンが置いてあり、トルソーに飾られたた縫いかけのウエディングドレスがあって、夢にまっすぐ進む生徒さん達の姿が思い浮かびます。

入賞 「秘密の庭」中央農業高校
a0313956_17451362.jpg

 女子生徒が多いとカントリー調っぽい作風が多くなる中、
こちらは男子生徒が多いせいか、男の子らしく雑木を多く使って、
中には秘密基地でもあるみたい。

入賞 「内緒(秘密)の裏庭」 埼玉県立いずみ高等学校
a0313956_17525854.jpg


a0313956_17535335.jpg
ガーデンコンテストで上の賞を取っている庭は盛り込み過ぎず、デザインを引き算して考える事なのかなと思うのだけど、ここはそのように感じます。手作りっぽい、このはしごや棚は、うちにも欲しいな。


 生徒さん達が一つの事に打ち込む様子は、清々しくて応援したくなってしまいます。
高校野球の甲子園大会に似てるかな。

 その他、私が気になった、プロの人達が手掛けた素敵な庭の数々。
大賞 「小屋とにわとりと青空」
a0313956_22182141.jpg

石組みやその植え込みはいい感じで、みんな、こんな庭が作りたいんでしょ⁉って言われてるよう。

特別賞 「庭で暮らして時が経ち」
a0313956_2221436.jpg

「小屋とにわとりと青空」が若い女性が作った庭ならば、その庭で家族が増え、子どもが巣立った年を重ねた二人の庭がこの庭のように思える。庭は終わりがなくて変わっていくものとわからしてくれる。

特別賞 「コンテナガーデンー庭の積み木 Garden Bricksー」
a0313956_22264337.jpg

 小さな庭で目いっぱい空間を使えたらという希望的観測。

a0313956_22294795.jpg
 左側の空間はフレンチ
アンティークな小部屋があって


a0313956_2232744.jpg
窓にはアンティーク色の
ハンギングが飾られていて


a0313956_22334751.jpg
その部屋の裏は滝のような、水の演出。


a0313956_22351997.jpg

 テーマは記録し忘れ。奥の黒い板塀のうらに入れて座れます。なぜかひんやりしていてドームの喧騒も遠くに感じる空間でした。

特別賞 「お庭の中で子供と一緒に遊ぶ空間❝studying plant❞」
a0313956_22394849.jpg

すべてが子どもサイズでおままごとみたい。

 そして、再来場したもう一つのワケは、
吉谷桂子さん著作「庭の色」にサインをもらう事。
a0313956_22563842.jpg
この頃、本にサインしてもらうのが習慣というか、趣味になってきた。


a0313956_22592615.jpg
 写真も一緒にパチリ。サインを書いてもらっている間、何か話そうとしたけれどお礼しか言えなかった意外なワタシ。


 やっぱり、「TIME TO SAY GOODBYE」が流れてきてから帰りました。
今年は17時台のシャトルバスは立川まで行ってくれて乗り換えが楽になりました。
 
 
[PR]
by toraneko-nyao | 2016-06-06 23:33 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)