<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さりげない一言

  週1回来る、生活クラブの宅配の人は、テキパキと仕事をこなす口数の少ない女性です。  

いつもの玄関先で、その人が、
a0313956_20572142.jpg


 「寄せ植え、きれいですね。」とさりげない一言。
なんだか、と~っても、嬉しくなっちゃいました。
 「ありがとうございます。」と返しただけで、それ以上の会話もなく、いつものように注文品を置いてゆきました。

 このあいだ農園で買った、バラ咲ジュリアン プリンアラモードをちょっと置いただけだし、
a0313956_2120062.jpg


 ハンギングを解体した苗を、ただ寄せ集めただけの、まさに寄せ植え、コプロスマの下には水仙の球根は仕込んでありますが、先週との違いはこれくらい。
a0313956_2127166.jpg


 それでも、さりげなく見ていてくれたのかなぁ~
花を嫌いな人っていないですよね。会ったことがないし。

 思いがけない人からの一言がジーンとしみたある日の出来事でした。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-30 21:33 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

アートな花の世界

 先週になりますが、草月流いけばな展を見てきました。
主人が花の勉強にと入った、会社のいけばなサークルの先生が出展されていました。

 草月流はいけばなの中でも新しい流派で、とても自由で個性的です。
a0313956_1823271.jpg

 家元 勅使河原 茜さんの作品
こんなにたくさんの実付きの枝物があるのですね。ダイナミックです。
a0313956_17415482.jpg

 
  
 
 赤い花はアンスリューム。隠れた中にも生けてあります。あえて隠して、そっと赤をのぞかせているようです。
a0313956_17491525.jpg


 枝物を使って造形している2作品。ただぐるぐるさせているのではなく、重なりや空間を考えながら枝をためているのだなぁと思います。つい、ハンギングの背景にどうかなと考えてしまいます(^_^;)
a0313956_1755114.jpg

a0313956_17555014.jpg


サボイキャベツを丸々一個使っています。葉が特徴的で形そのものが造形的だし、バラの花のようにも見えます。野菜師匠の主人には親しみやすかったみたい。
a0313956_1822699.jpg


水仙の球根の皮をむいて、1枚だけ葉をのばし、その先のグラスに花を浮かばせています。
a0313956_1814829.jpg


枝同士が巧みにバランスをとりながら、生けられているんです。主人と一緒にじっと見てしまいました。
器に立たせる部分の枝の角度を考えて切っていたりと計算されています。 
a0313956_18181558.jpg


 植物そのものを生かしてのハンギングや寄せ植え、庭造りとは趣向は違うけれど、とらわれない発想と感性の豊かさやアイデア力はとても感心しました。
 また違う花の世界でした。 
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-29 18:38 | おでかけ | Comments(0)

花ごよみ調査と庭の様子

 先日、ご無沙汰していた花ごよみ調査にようやく参加できました。
こんな真冬でも、花や実がついている植物は20種類ほどありました。

その中からいくつか。

 季節はずれのイヌホウズキ。
 花期は8~10月で茎は30~60cmぐらいになって、花が咲きますが、この場所で育ちきらずに花を咲かせたようです。この日の温度は2℃。日当たりがいい場所なので咲いたのでしょうか~
a0313956_15305752.jpg

 オニタビラコ
 花がしぼんでますが、開くとブラキカムみたいなカンジ。
 どこでもみかけるけど、咲いた花がなんとなく好き。
a0313956_15531084.jpg

 ハハコグサ
a0313956_16115662.jpg

 ヘクソカズラの実
 もう色あせて、冬枯れですね。
a0313956_16201972.jpg

 ドウダンツツジの実
a0313956_1623359.jpg

セイヨウタンポポ
 こんな冬でも咲いて、ここのところ、一年中、咲いています。
 温暖化の影響が考えられます。
 花暦調査は、年間、植生を観察することで、環境の変化を知ることが出来ます。
a0313956_16282159.jpg

 まだまだ冬、真っ只中。タンポポも咲いてはいても、身を縮こませてます。

 我が家の庭も春を待ちわびている中、咲いているのは
 オキザリス・バーシーカラー
ねじねじの蕾が、キャンディーみたいです。うずまき模様のペロペロキャンディーを思い起こすからかな~
a0313956_16535233.jpg

 光が弱いと閉じてる蕾ですが、なぜかよく陽があたる午前中は咲かず、陽が陰る午後に咲いてます。

 クリスマスローズ、うちはまだまだこんな状態。
a0313956_177217.jpg


それでもシラーの芽がのぞかせていると、ちょっと嬉しい気分。
a0313956_17131870.jpg


 玄関の外に出しっぱなしの鉢植えシクラメン。こんもり、葉の中は蕾がいっぱい。
a0313956_17245539.jpg

 葉の枚数と同じ数の蕾があると言うけれど、もっと多いような気がします~

 花たちは、こっそり密かに春の準備進めています。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-28 17:36 | 自然 | Trackback | Comments(2)

霜柱が立つほど

 少し、寒さが和らいだ三連休。
昨日の成人式は突き抜けるような青空で晴れやかでした。
昨年、娘の成人式は大雪でしたので、昨日の天気はなんだか人事ではなかったです。

 今日は、また寒さがぶり返し、庭は霜柱が立ってました。 

 昨年末、たまりにたまった生ごみ堆肥を二次発酵させるため、
ミニトマトを育てたパーゴラの下に埋めました。
a0313956_11121221.jpg
昨年の6月末から始めて、半年続けてしまい、洗濯ネットもいっぱいで反転させる余裕もなくなってしまいました。

a0313956_11131574.jpg
だいたい、ダンボールも痛んでくるので、長くても4ヶ月が目安です。ただ、発酵力が落ちず、だまにならなかったら続けられます。


まだ、入れたばかりの生ごみや、なかなか堆肥化しにくい玉ねぎの皮やミカンの皮が残っています。
このままでは発酵が途中で、植物は植えられませんし、濃度が高いので、同じ量の土と混ぜて、完熟させて使います。

a0313956_11292143.jpg
30cm以上、穴を掘って生ごみ堆肥を入れます。

a0313956_11301482.jpg
掘って出た土

a0313956_1135146.jpg
積んであった雑草や剪定した枝なども一緒に入れ、発酵を促進するために、米ぬかを撒きました。
それから、土を埋め戻します。


今度はここに何を育てよう~ また野菜? キュウリ?
 
 ここから、庭作業が止まってます。
今日するつもりで、植えそこなってる球根、植えたかったけれど、明日は雪マーク。
どうしようかな~
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-14 11:54 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

 今日は一段とまた寒くなりました。
でも、久しぶりのお湿りで庭の花たちは潤っているようです。

 昨年末、「東京トールペイントコレクション展2013」を観に、日本橋三越まで行ってきました。
a0313956_12145670.jpg

毎回、クリスマスの頃の開催で、なぜ、この気忙しい時期にと思うのですが、
2年に1度なので何とか時間を作って、24日のイブに行きました。
そんな日にデパートに行くなんて、人にもまれるだけと覚悟してましたが、案外空いてました。

 プロの作家さん達が「プライムゼネレーション世代に贈る~トールペイントがある豊かなライフスタイル~」というテーマで、このシーズンにあわせたクリスマスのイメージで作品を展示していました。

 皆さんそれぞれ、個性あふれる作品ばかりで、色の使い方、組み合わせ方やデザイン、ハンギングの背景のヒントになるような描き方など、勉強になることばかりでした。

 中でも岸本照美さん(terumiのhitorigoto)の作品は多肉を主役に描かれていて、花、とくにバラが多く描かれるトールでこの題材を描こうという発想が目から鱗でした。
実際にぼたんさん(ほぼ多肉日記)が作った寄せ植えが、多肉を描いた容器に植えられていたり、遠くから観ると本当の多肉か描かれたものかわからないくらいでした。

 ぜひ、皆さんに観ていただきたいのですが、撮影禁止で写真がないので、お二人のブログをご覧になってください。

 エケベリアなどは、バラのようですし、描きやすい題材だなと、私も描いてみたくなりました。

 展示即売もあって、欲しいものばかりでしたが、より選っての買い物をして、あっという間に時間が過ぎます。いくらでもいたいけど、仕方ありません。

 帰り、イブでしたから、食料品売り場へ。せっかく日本橋まできたのだからと、行列が出来てるからおいしいと信じて、名前も知らないケーキ屋さんで買ってみました。
日本橋三越は建物もレトロで、1階のロビーの吹き抜けに見上げるような彫刻もあり、いらしてるお客さんも皆、お上品に見え、店員さんの応対もホテル並みに丁寧で、定番のライオン口に迷ってしまう私にも、とても丁寧に教えてくださいました~

 日本橋って東京の端っこなんですね~ 相模っぱらからは路線図みると1/3の大移動でした~ 
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-09 12:59 | トールペイント | Trackback | Comments(2)

 松の内が明ける前に、新年のごあいさつを申し上げます。

今年は長いお正月休みでした。
ようやく、普段の生活のペースを取り戻した感があります。

 昨年、近所のアートカフェヒロさんのクリスマスフェアーに参加して作った寄せ植え。

a0313956_23553623.jpg

「White Winter」と題して、シルバーリーフを中心に作ってみました。
真ん中のカードには植物の説明を書きました。
フェアが終わってから撮ったので、パンジーが咲き終わってしまいました。


a0313956_23594438.jpg
 お正月ふうな飾りに付け替えました。よくわからないですね~
雰囲気だけですね。

 松飾を片付けるのと一緒に、飾りをとって普段バージョンに。
鉢はプラ鉢なので、少々重たいですが、持ち上げられます。


 お正月、主人の両親と私の母と家族で、埼玉の寄居に一泊旅行しました。
いつ最後になるかわからない!?と、お正月旅行するのですが、かれこれ6回目です。
帰り、小川町の埼玉伝統工芸会館で手すき和紙体験をしました。

はがきサイズの木枠に原料を流し込んでゆきます。 
a0313956_0151393.jpg


この上に花や毛糸、和紙の切り抜きなどで模様を作ってゆきます。
a0313956_0272631.jpg

a0313956_0291379.jpg


a0313956_0311768.jpg
完成。 夢中になって、娘に話しかけられても返事していなかったようです(^_^;)


a0313956_0335860.jpg
主人の作品


a0313956_0381149.jpg
 娘の作品


a0313956_0393229.jpg
 息子の作品


 上から和紙をのせてサンドします。
a0313956_0415657.jpg

 乾かして、出来たら郵送で送ってくれます。


 さて、春に向かって庭をきれいにしたいし、トールペイントもやりたいし、
家の片付けもしなくっちゃ、今年はどれだけ出来るでしょうか~
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-01-07 23:49 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)