カテゴリ:ハンギングバスケット( 13 )

花菜ガーデン

 遅ればせながら、花菜ガーデンのハンギングバスケットコンテストの話題。
今回、初めて出品しました。
お手伝いで行った日に、偶然、井上先生が講評にいらしてくださいました。
テーマは「ハーブと花をうまく組み合わせて♪」で
ハーブと野菜を2種以上入れることが決まりです。
背景、フレームはなし。

 まずは、入賞作品。
写真があまり上手く撮れていなくてすみません(>_<)
 
     
      
     
      日本ハンギング゙バスケット協会理事長賞 マスター部門
            「ナチュラルガーデン」
農園の生徒さん、Iさん。コンテストでは入賞の常連さんです。
a0313956_13513032.jpg


      平塚市長賞 一般部門
            「緑の風」
a0313956_1423668.jpg
 

      優秀賞 マスター部門
           「風に香り乗せて」
農園の私と一応同期のSさん。とても勉強熱心です。
a0313956_1474289.jpg


     優秀賞 マスター部門
           「春の舞」
農園の生徒さん、あくあさん。
a0313956_1412034.jpg


      優秀賞 一般部門
           「元気いっぱい・夢いっぱい」
a0313956_14233793.jpg
 

     花菜ガーデン賞 マスター部門
           「小さなハーブガーデン」
農園の生徒さん、北海道ガーデンツアーでご一緒だったNobuさん
声をかけて、同じ日に農園で作りましたが、さらさらと作っていかれ、次の約束に向かわれました。
さすがです!
a0313956_14374051.jpg
 

     フラワー賞 マスター部門
           「明るい日射しの中で」
ハンギングバスケット協会神奈川支部の総会で知り合った、土谷先生の生徒さん、Kさん
昨年の南大沢のコンテストの一般部門で優秀賞を取られた、昨年度のマスターさん。
いろいろな種類の黒の覆輪のペチュニアを上手に組み合わせていると先生の講評です。
a0313956_14572073.jpg


グリーン賞 マスター部門
           「五感のブーケ」
a0313956_15164725.jpg


     カレル・チャッペク賞 一般部門
           「petit vegetable garden」
農園のスタッフ、Mさん。サンチュの水揚げが悪くてと話していて、私は使うのをやめてしまったけれど、モリモリに育っています。
a0313956_15154297.jpg


 みなさん、おめでとうございました♪

他にも、私が気になった作品

植え込み部分も全て手作り。先生も芸術的な作品でいけばなのようと話されていました。
a0313956_1528173.jpg


「vegeと仲良し、ポタジェにチャレンジ」
野菜を主体で、右上にはお家のオーナメントを飾っています。
左上のヤツデのような形の葉はアカミズという野菜だそうです。「『お野菜いかが』とお家も飾ったのよ」と
楽しそうに話されて、しかめっ面でなくて、こんなふうに楽しく作れたらなと思います。
a0313956_15411851.jpg


 一応、私の作品
フォーカルポイントになるのにホザキナナカマドが弱く、花がリズミカル過ぎると先生の講評でした。
もっと、ステムの長いものをふわっと作れたらと思います。
a0313956_15222616.jpg


 花菜ガーデンは開園したばかりの頃来たきりです。
その時はダンナと娘と3人で、野菜のコーナーではダンナが、花の所は私が、勝手に説明されるのを、高校生だった娘は聞いてくれてました(笑)
 
 久しぶりで、搬出の時にざっと見て回りました。

農場試験場の跡らしく、野菜がいろいろ植えてあります。

a0313956_1685182.jpg



a0313956_16133942.jpg
レイズドベットにレタスやソラマメ。ソラマメは花が咲いています。野菜の花ってなかなか見られませんが、ここは以前来た時は、大根の花も咲いていて娘は「大根、花咲くんだぁ~」と興味深かったようです。


 植物が種類ごとに品種が集められ、見本園になっています。
a0313956_1559588.jpg
リンゴの見本園
リンゴ ‘ジョナゴールド’


a0313956_16363717.jpg
ナシの見本園


a0313956_16451979.jpg
ホスタの見本園


a0313956_16465050.jpg
カエデの見本園


 バラの見本園は歴史をたどりながら、系統ごとにまとめられていて、バラ図鑑のようです。
開園したばかりの頃は植えたばかりの苗の状態で、これが成長したら見ごたえあるだろうな~と期待していました。
 つるバラコーナーは花が見やすいように、低いアーチが波打っています。ここも開園当時は、苗の背丈が届かなかったのに、こんなに茂って咲いた時がワクワクします。
a0313956_16561819.jpg


a0313956_16571974.jpg
入り口のマーガレットタワー。良く根付いてるな~


a0313956_170195.jpg
その隣のピンクとブルーのワスレナグサのボーダー。
たまりません、この組み合わせ!


なかなか来れなかった花菜ガーデン、週に3日も来てしまいました。
今度はぜひ、バラが満開の頃に来たいものです。
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-04-29 17:13 | ハンギングバスケット | Trackback | Comments(2)

花はなふれーむ

 23日の日曜日、ハンギングバスケットステップアップ講座で、花はなふれーむのスリットボックスを使った植え込み方を習いました。
a0313956_9295596.jpg

 ハウスの中は、春そのもの。作業しながら、もう、これ以上は脱げないの~というくらいの「北風と太陽」状態。
ジュリアンは素敵な色が揃っていて、ポンポンデージーはこの丸っこいかわいさに思わず手にとってしまいました。
a0313956_9365975.jpg
  作るときはスリットボックスを取り出して植えて行きます。SLTと同じ数の苗を選び、バスケットの様にまぁるくせず、四角を意識して作るので、簡単そうに思えたのですが、スリット部分が軟くて、植える時の力加減が難しく、意外と手間取りました。

 いつも思うのは、皆、ハウスの中の花材から選ぶのに、個性豊かで、自分でも気づかなかった花材や組み合わせや色合わせがあって、いくつも作ったような感覚で勉強になります。この日、カメラを忘れてしまったので皆さんの素敵な作品は、先生のブログをご覧になってください。詳しい作り方も

下の台は農園の木工講座で作ったステップラダー。高さがちょうどいいです。

 庭もようやく雪がなくなり、姿を現しました。

a0313956_1085338.jpg
a0313956_1094548.jpg
 


 雪の下でじっと耐えてたクリスマスローズは、それでもゆっくり色づいてました。

この蕾の頃って、ムーミンに出てくる、ニョロニョロみたい。















a0313956_10115888.jpg
 メラレウカ、雪があるうちは下に植えてある植物がどこにあるかわからなくて、足場の確保もできず、まだこの状態。






a0313956_10155358.jpg
  前の道はまだ雪が残ってます。昨日暖かかったのと、今日の雨でもっと解けるでしょう~







a0313956_10175180.jpg
 お隣の梅もようやく蕾もふくらんで、ちらほら咲き出しました。近所の紅梅は見頃でした。
もう、3月なんですよね! ガーデニングシーズンの到来、わくわく、アセアセ(#^.^#)
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-02-27 10:38 | ハンギングバスケット | Trackback | Comments(2)

  あたり一面、真っ白です。
学校の委員会も親睦会も取りやめで、今日は家にこもるしかありません。

 水曜日、東京ドームで開かれているテーブルウェアフェスティバルに行ってきました。
このイベント自体は、多少、興味があるぐらいで、私の目的は会場に飾られているハンギング。

 ハンギングつながりで、多肉のアトリエを主宰しているdaisyさんが作った多肉のハンギングをぜひ、観たかったのです。
a0313956_1145487.jpg

エレガンスSLTバスケットにボリュームたっぷりにきれいに作られていて、じっくり観てしまいました~ この場所で写真撮ったり、食い入るように見ていたのは私だけでした(^_^;)
多肉は寄せ植えを作ったとき、見た目より大変で、頭が重くて根が少なく、思うように植えられず苦労しました。それを、ハンギングで作れるのは、経験豊富なdaisyさんだからこそと思います。

 皆さん、それぞれ考えられたハンギングが飾られています。 
観葉主体でワイヤーで作られています。
a0313956_1265317.jpg


花はなフレームの作品
a0313956_1212373.jpg


額縁でアンティークに作られてます。
a0313956_12163333.jpg


せっかく来たので、メインのテーブルウェアも観て回ってもピンとこなくて、どうしても花に目が行く私。
a0313956_1221825.jpg

スカビオサ

 もう、ここまで改良されるとマツムシソウという和名をもつ高山植物とは程遠い・・・






著名人が提案するテーブルセッティングで、ご本人の加藤タキさんがいらしてて、ちょっとテンションが上がり、
a0313956_12324459.jpg

だんだん、その場にひきこまれていく現金な私~
a0313956_12385326.jpg
女性初の国会議員になられたお母様の加藤シズエさんから、譲り受けた有田焼きのお皿や、
議員時代に記念として贈呈された蒔絵があり、
使いながら年代を重ねてきたものは、
味わいがあるというか、惹かれるものがあります。


 a0313956_12494610.jpg


洋菓子研究科 今田 美奈子さんのテーブルコーディネート

あこがれですよね。ベルばら世代にはこんなテーブルでお茶してみたい。


 
 テーブルウェア大賞として、オリジナルデザインの食器部門やテーブルコーディネート部門のコンテストがありました。中でもコーディネート部門はガーデニングコンテストのテーブルセッティング版みたいでした。

大賞作品
a0313956_13114822.jpg

a0313956_13141867.jpg

実際にお料理も作り、それは写真でメニューと一緒に発表されています。





 


 テーマを決めて、それに合った食器やテーブルクロス、ランチョンマットなどの小物を選び、フラワーアレンジを考え、お部屋のインテリアを決め、色やデザインで統一感やバランスをコーディネートしていく所はガーデニングコンテストに通じているようで、こちらは室内の空間コーディネート、庭は外の空間コーディネートとわかると、途端に興味がわいてきました。
 
 
 

 そんな中、気に入ったテーブルを何点か
a0313956_1327295.jpg

a0313956_13284086.jpg


ブルーグレーの統一感がいいな。







 テーブルも素敵ですが、写真のお料理が食べてみたくなります。

a0313956_13325547.jpg

a0313956_13352288.jpg



 テーブルに合わせた、モダンなフラワーアレンジが素敵


 
 


 


 

a0313956_13404834.jpg

a0313956_1341417.jpg

やっぱり、サクラカラーは好き。




 




 さらに興味深いコーナーが!
でも、娘がエントリーシートを書きたいとパソコン待っているので、また次回に~
[PR]
by toraneko-nyao | 2014-02-08 13:59 | ハンギングバスケット | Trackback | Comments(4)