東風吹かば春遠からじ

 立春も過ぎて、雪が散らついたのは昨日だけかと思いきや、
寒いと思ったらウチ地方は雪が舞ってました。すぐ止んだけど。
a0313956_15204742.jpg

お隣の梅なんですが、だいぶ咲いてきました。蕾は、お正月過ぎてから
ふくらみ始め、なんか今年は早いな~と思ってたんですが、咲くのはいつも通りかな。 

 うちの庭はほとんど枯れた状態の中で、球根が芽を出したり、クリスマスローズが
咲き出したり、春の準備がチラホラ。

a0313956_15410051.jpg播きそびれた秋播きの種。一か八か12/7に播いて、外は無理だろうから、お勝手口で育苗。陽が足りなくてもやしっ子状態


a0313956_15443037.jpg せっかくだから何とかすべく、移植して、もう使っていない娘の部屋に移動。さぁ、ここからどうなるか~(左からワスレナグサ ムッツ ニゲラ ネモフィラ)



a0313956_15551270.jpg今、庭の悩みの種はこのメラレウカ。左の二本が、台風の風や雪で傾き始め パッカリして形がイマイチ。


a0313956_16025457.jpg昨年の54年ぶりの11月に雪、の時もこんな状態。この左の二本を地際で切ってしまおうか、短くするだけか悩み中


a0313956_16071330.jpg反対側の家の外からだと、パッカリには見えないのだケド…
私が良くみるブログ「しあわせの毎日」の中でメラレウカを地際で切っても新芽が出てきたと読んで、地際で切ってみるに傾きつつある。


 庭はこんなだけど、農園に行けば春いっぱい。
今年初のハンギングはSLTで。コンテストに関係なく、自分の好きな様に作るのは
やっぱり楽しい。

a0313956_16263357.jpg

 そのハンギングを作ってみたいとリクエストを頂いて、カフェ&雑貨「ル・クール」さんでワークショップさせてもらいました。
 アロマセラピストのお嬢さんとお母さまで仲良く作られました。

a0313956_16365207.jpgお母さまがその時持ってこられたのがこのハンギング。上の縁の部分がはずれて、サイドが柔らかく苗を入れるときに広げられるようになっていて、6スリットで真ん中のスリットの隣のスリットは下までないんです。初めてハンギングを作るのに作りやすく工夫されているようです。


a0313956_16444434.jpgSLTに合わせて花苗を用意してたので、数が足りなくなるかもと思いつつ、ルクールさんにある苗も使って。


a0313956_16560567.jpgようやく仕上げました。はずした縁をつけると
縁にかかるように苗が植えられないのではずしたままにしました。右側のイベリスの所はこんもりしてくれたらいいのだけど。



a0313956_17063704.jpgお嬢さんのほうはSLTで。アロマ教室に飾られるそうです。とても熱心に勉強されて、ハーブの効能なども詳しく、私は昨年の夏にアロマの虫除けと柔軟剤をお教室で作って、畑作業にとっても重宝しました。


 こんな風にだんだんと春ですね。


と、思いきや、また、雪降ってきた~

[PR]
トラックバックURL : http://tolegarden.exblog.jp/tb/23616356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なみちゃん at 2017-02-12 01:09 x
SLTのハンギング可愛い!
やっぱり黄色なのね。とらねこさんらしい優しい感じ
6スリットの容器懐かしいわ〜
まだ先生のところに行く前、自分で作ってたころに使ってた
フレームのおかげで上下の一体感がでないし
スリットが偶数で中心をとりにくいんだよね
でも、綺麗にできててさすがだわ。指導がいいのね
メラレウカも立派!切ったら株立ち状に
ひこばえが出てくるのかしら?
思い切った枝抜きで、あの形の基本樹形を保ったら
カッコよくならないかな?
私は大きくしたくないから、年に3回剪定してる
Commented by toraneko-nyao at 2017-02-12 15:28
>なみちゃんへ
 SLTで作ったこの色合いが気に入ってたせいか、昨日のエレガンスも黄色のビオラを使いたいのもあって、同じようなイメージになってた。好きな様に作れて楽しかった。
 6スリット のこのタイプ、前からあったのね~
とにかく仕上げなければと必死だったワ。
メラレウカ、枝抜きもしないとね。長くなった所をそろえてパッツンはしたくないし~
なみちゃんは年3回も剪定してるんだ!
by toraneko-nyao | 2017-02-10 17:27 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)