京都 庭園めぐり

 こちらは、梅雨入りの名の通り、雨ばかりでおひさまが待ち遠しいです。

梅雨入り直前、京都に旅行してきました。
ダンナの仕事が土、月と京都方面であるので、暇をもてあます日曜の穴埋めにおつき合いというわけです。

 考えて見たら、修学旅行以来の京都。
メジャーな名所旧跡は、大人になったら自分で行けるからと、なかなか行けない場所ばかり回って、金閣、銀閣、など定番はまだ行ったことがなかったのです。
そこで、ようやく「大人になったら」を叶えることに。

 第1日目は、嵐山。

 ここは昨年洪水にあった渡月橋から見た桂川。定番の嵐山の風景。
まだ、工事中の場所も。
a0313956_14563248.jpg


a0313956_145435100.jpg


 まずは世界遺産、天竜寺。
足利尊氏創建で、嵐山を借景に作られたバランスのいい菖蒲池庭園は夢想礎石の作品。
a0313956_1534661.jpg

すでに、ここから歴史の授業の始まり。
夢想礎石?なんか遠い昔(!?)授業で聞いた。庭を作った有名な人~。鎌倉後期~南北朝時代とガイドブックに。それにしても、借景の嵐山と庭の調和の取れたこの一体感。

 そこから庭を巡っていくと八角連が咲いていました。
a0313956_15232549.jpg


そして、そこを抜けると
a0313956_15283430.jpg


竹林の道
a0313956_15294963.jpg


この風景が数十m続きます。
全国的に夏日だったこの日。竹林の道はすがすがしく、心が洗われるよう。
きれいな竹林は手入れも行き届いているなぁ~とついダンナとそんな裏方視点に。

 帰り道、しばらく行くと舞妓さんに出会いました。京都と言ったら舞妓さん。一緒に写真撮らなきゃね。
快く受けてくださいました。
a0313956_15521877.jpg

 
 バスで10分ほど移動して、嵐山の南へ。
一年中、鈴虫の鳴き声が聞ける華厳寺 鈴虫寺 へ。
a0313956_16295312.jpg
ここでは願いを叶えるお地蔵さんにお参りして、通された所は、鈴虫が鳴いている涼しい広間。ここに参拝客が大勢集まって、住職さんのユニークたっぷりの説法を聞くことに。
予想外の展開でしたが、これがこのお寺の目玉のよう。

住職さんは、京都といえばお寺で庭を見て終わりだが、本来は参拝に来ているのだから、そこの住職さんに会って話をして、手を合わせて欲しいと話され、あー確かにと反省。
お茶と干菓子が出され、これは禅寺でのもてなし方で、本来のお寺の参拝だと教わりました。

 そこから、拝観時間が指定されている世界遺産西芳寺、苔寺へ
ここは参拝者が制限されていて、予め往復はがきで申し込みをします。ガイドブックに書かれているままはがきを出したら、返信に、写経をしてから庭を見学とあり、拝観料も3000円と一気にハードルが高くなりました。
小筆も持参で、お気楽な気分ではいけないんだと、少し、たしなめられたよう。
 緊張しながら向かいましたが、続々と人が集まり、本堂は寺子屋風に机が並べられ、50人ぐらいで写経をしていました。指導された住職さんも丁寧に教えてくださり、外人さんも正座できなくても楽な座り方で書いていました。
 1時間かけて書き上げると、私は終わりのほうで、祈願をそえて、奉納してきました。

 そして、待望の庭が!

まず、出迎えてくれたのが、桜吹雪ならぬ竹吹雪
a0313956_17182746.jpg


入り口から、すでに地面は苔でおおわれ、
a0313956_17203088.jpg


あおもみじの木漏れ日と苔のコントラスト
a0313956_17234580.jpg


すべて苔におおわれ、
a0313956_1727566.jpg


池の周りも
a0313956_17281212.jpg

木の根元も
a0313956_17293471.jpg

びっちりともこもこの苔
a0313956_173368.jpg

究極のシェードガーデンと言ったところでしょうか。
下ばかりに圧倒され、上を見上げればあおもみじと空
a0313956_17362958.jpg


塀まであふれるように苔、ここには120種類あまりの苔があるそうです。
a0313956_17385992.jpg

この苔を維持するために、昭和52年から写経をすることと拝観料を高くしたそうです。
手入れも行き届き、落ち葉もきれいに掃かれています。
このお寺は、聖徳太子の別荘としてご創業され、夢想礎石によって作られた庭で、飛鳥時代からここにあるのですから、歴史の深さと、今、なくしてはならない使命感を感じます。

ここもまた、竹林とのコントラスト
a0313956_183544.jpg


ぐるっと回って、山のほうに登っていくと、枯山水の庭
a0313956_1863079.jpg


a0313956_1894839.jpg

ここは究極のロックガーデンかな。
山を降りてくる途中も苔でおおわれています。
a0313956_1812536.jpg


気が付くと1時間以上たっていました。
写経して、3000円払っても、それ以上に見応えのある庭。
写真ではそのすばらしさがなかなか伝わりません。ぜひ、1度、見にいらしてください。

 西芳寺から戻って、石段を登って、住宅街を抜けるとあるのが竹の寺 地蔵院
a0313956_1820940.jpg

こちらは一休禅師が幼少の頃修養されたお寺だそうです。
住宅街の中にあるさりげないお寺も、誰もが知っている由緒があって、歴史が息づいているんですね。
a0313956_18235733.jpg


a0313956_18365397.jpg
そのご近所にも、竹林が普通にあります。
お手入れが大変そうです。


歴史と隣り合わせが京都なのですね。
[PR]
トラックバックURL : http://tolegarden.exblog.jp/tb/19893435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サイタサイタ at 2014-06-13 16:24 x
とらねこさん♪
若かりし頃、修学旅行で行った場所が多くて、懐かしかったです。って言っても、あの頃はただ連れられて行っただけで何の興味もなかったからほとんど覚えてないんですけどね。苔寺も、そんなに敷居が高くなってしまったなんてねぇ〜。もっとしっかり見ておくんでした!今この年で訪問したら、あの頃の何十倍も楽しく見てこられると思いますよ〜。
いい旅でしたね♪
Commented by toraneko-nyao at 2014-06-13 17:03
>サイタサイタさんへ
 修学旅行で苔寺に行かれたなんて、素敵な学校だわ!
(*^。^*)。
京都の定番コースは中学生の修学旅行生であふれていましたよ。
さすがにこの苔寺では会いませんでしたが、写経して、高額の拝観料払っても、修学旅行生に見てもらいたいなぁと思いました。その時は写経なんてめんどくせぇ~で終わるかもしれないけど。なかなか大人になったってしようなんて思わないもの。初めてだったけど、いい経験になりました。
 この旅はさらに定番中の定番コースに続きます~
Commented by なみちゃん at 2014-06-20 23:15 x
苔、枯山水、竹林
う~~ん ビューティホ~~~ ワンダホ~~~
いいな~ 日本の庭。 
絶対に真似のできない繊細さ
俗に染まったmy gardenばっかり見ているので
心が洗われるようです
私もいつか写経して苔寺みるぞ!
Commented by toraneko-nyao at 2014-06-22 13:05
>なみちゃんへ

  先日は大変お世話になって、ありがとうございました。
花であふれる庭のあとのちょっとした清涼剤的な日本庭園。
ずっといると落ち着くのは、やっぱり日本人かな~と思いました。
それでも、この間見てきたガーデンはやっぱり素敵だった!

 写経と苔寺はぜひ、行ってみて!
by toraneko-nyao | 2014-06-12 17:31 | おでかけ | Trackback | Comments(4)