初夏への装い

 バラもそろそろ終わり、だんたんと初夏の装い。
我が家のシンボルローズ(!?)のヒリンドンも花は終わって、葉ばかりになっていますが、一番の見頃だった様子がこの写真。ちょうど、国バラ開催期間中と一緒でした。
a0313956_163112100.jpg

ポール仕立てのようで、パーゴラの上に届くまで、こんな風に楽しめながら仕立てられるのがつるバラなんですね。

 ブログ「晴れた日は庭仕事!」のなみちゃんのオープンガーデンにお邪魔して、行くたびに心惹かれる‘フランシーヌオースチン’と‘バリエガタ・ラ・ボローニャ’のパーゴラ
a0313956_16383767.jpg

こんな風景をみると、ヒリンドンだけを大事に仕立てるつもりの私も、もう一品種育ててみたくなりました。
バラの魅力ってこうゆう事かな。
あれもこれもと写真を撮ってきたけれど、品種名のメモと照らし合わせながらまず、整理しなければ選ぶことも出来ません。

 昨年頂いた‘ツベルゲンフュ'90’が入れ替わりに咲き出して、残り少ないヒリンドンと色合わせ。
a0313956_16585735.jpg

ちょっと、主張がある色だから、単独がいいか~

 玄関脇の通路のこっそりさんの銅葉キンギョソウが満開。
a0313956_1744434.jpg

でも、一昨日の打ち付けるような雨で倒れてしまった。

 その隣ではここに自生してるトキワツユクサが咲き出しました。
a0313956_17113719.jpg

園芸種の逃げ出しで、繁殖力が強く、要注意植物らしいけど、私たち人間の都合の認識で、植物は居心地のいい所を選んでいるだけ。

 この通路で植物を育てるなんて考えられなかったけれど、「木漏れ日の庭Ⅱ」のvivikoさんのお庭にお邪魔した時、同じような通路をシェードガーデンに作っていて、出来ない事ないんだと、納得。作りたい衝動がムクムク。

 昨年、秋のハンギングで使ったペレネッティア‘ハッピーベリー’。こんなかわいいスズラン型の花を咲かせて思いもよらないお客様。
a0313956_17203256.jpg


花菜ガーデンに出すつもりで作った、もう一つのハンギング。
野菜やハーブを1種類以上いれるので、つるなしエンドウの赤花を使って、そのエンドウが実りました。
a0313956_17303753.jpg

水やりだけで手入れをしなかったから、伸び放題で全景はお見せ出来ませんが、収穫は楽しみ~
[PR]
トラックバックURL : http://tolegarden.exblog.jp/tb/19828769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by toraneko-nyao | 2014-05-24 18:03 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)